じほうトップ > 電子メディア > サポート情報 > ユーザーサポート

ユーザーサポート

連動型写真付薬剤情報印刷システム<2013年3月版>
「チラーヂンS錠」に関するお知らせ

カテゴリー:連動型写真付薬剤情報印刷システム

4月17日

連動型写真付薬剤情報印刷システム 2013年3月版で、
『チラーヂンS錠25・50・100』が収録されていない件について
お知らせさせていただきます。

『チラーヂンS錠25・50・100』は、2012年8月に名称変更があり、
現在は『チラーヂンS錠25μg・50μg・100μg』という名称で販売されております。
このような薬剤の名称変更があった場合、本システムでは
一定期間を経過後、旧名称の薬剤情報を削除しております。
従いまして、『チラーヂンS錠25・50・100』は、2013年3月版より
本システムには収録しておりませんのでご了承ください。

しかしながら、まだ『チラーヂンS錠25・50・100』を使用しており、
印刷されずに困るという方は、大変お手数ですが、
レセコンやオーダリング等のシステム側で『チラーヂンS錠25・50・100』の
薬価コード(YJコード)を、『チラーヂンS錠25μg・50μg・100μg』のコードに
変更していただくか、下記の方法により新規登録を行ってご利用ください。

【新規薬剤登録を行う】
①「連動型写真付薬剤情報印刷システム2013年3月版」を起動し、
メインメニューから「薬剤管理」→「新規薬剤登録」を選択、「はい」を押します。


②「新規薬剤情報入力」画面が開きますので、必要事項を入力します。
(ページのコピー機能はありませんので、新規入力してください。)
「薬剤名」「薬価コード」「投与経路」は必須入力項目です。
文例はユーザ登録欄に入力し、〇にチェックを付けます。


旧販売名の薬価コード;
『チラーヂンS錠25』・・・・2431004F2028
『チラーヂンS錠50』・・・・2431004F1021
『チラーヂンS錠100』・・・・2431004F3024

③入力が終わったら「登録」を押して保存後、画面を終了します。


【旧版の写真を流用して使用する】(例:『チラーヂンS錠25』)
新規登録した場合、製剤写真は入っていませんので旧版で印字されていた
写真を流用する場合は、下記手順に従って引き続き作業をお願いします。

旧版を起動し、「薬剤管理」→「薬剤検索」を選択、「はい」を押します。

⑤薬剤名「チラーヂン」を入力し、「検索実行」します。
「薬剤一覧」画面より、『チラーヂンS錠25』の行をダブルクリックします。

⑥『チラーヂンS錠25』の「薬剤情報管理」画面が開きます。
写真の横にある「一覧」を押し、「写真選択」画面を開きます。

⑦使用する写真の上で右クリックをし、「名前をつけて保存」を選択し、
デスクトップ上などわかりやすい場所に保存します。
名前はそのままでもかまいません。


⑧再び「2013年3月版」を起動します。
手順⑤と同様に「薬剤管理」→「薬剤検索『チラーヂン』」を行い、
先程新規登録した『チラーヂンS錠25』の行をダブルクリックします。

⑨「薬剤情報管理」画面で包装写真を登録します。
画面左、・写真2(主に包装)の下にある「一覧」を押します。
「写真選択」画面が開きますので、PHOTO2の「登録」を押します。

⑩手順⑦で保存した包装写真を選択し「開く」を押します。
「写真選択」画面に戻り、PHOTO2の前にある〇にチェックを入れて、
「確定」を押します。

⑪裸錠の写真を登録する場合は、写真1(主に本体)の下にある
「一覧」ボタンを押し、PHOTO1の「登録」を押して同様に写真の登録を行います。

⑫薬剤基本情報、文例、写真等の登録が終われば、新規薬剤登録の作業は終了です。


同様に『チラーヂンS錠50』『チラーヂンS錠100』についても作業を行ってください。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

※薬剤の追加登録については、操作マニュアルp.25、
写真の登録方法についてはp.24に掲載しておりますので、
併せてご参照ください。