じほうトップ > 雑誌 > 調剤と情報 > 次号予告

2018年10月1日号

 

発行:毎月1日
頁数:約120~140頁

カラー印刷・2色印刷
監修:日本薬剤師会
1冊:1,560円(税別/送料別)
購読料:1年間18,720円
(税別/送料当社負担)

定期購読のお申込み

無料試読サービス

広告掲載について

メールマガジンのお申込

【雑誌のみ1冊までご購入の場合】

メール便(送料150円、代金引換不可)での発送が可能です。
メール便での発送をご希望のかたは、ご注文内容確認画面で"メール便" を選択してください。(※到着まで若干の日数を要します)

MagPlus

次号予告

11月号予告

薬剤性精神障害

 

・薬剤性精神障害を疑うヒント

・薬剤性精神障害の原因薬剤と対応

 ①薬剤性うつ   

 ②薬剤性せん妄

 ③薬剤性認知障害

 

高齢化が進む昨今,精神症状を訴える患者さんに出会うことは珍しくないのでは。精神症状といえば,認知症や加齢などとの関連が注目されています。しかし,薬剤が関与していないかどうかを検討するのも薬剤師の重要な仕事。11月号では,薬剤性のうつ,せん妄,認知障害を見逃さず,適切な対応に繋げるためにできることを考えます。

 

※都合により掲載予定は変更になる場合があります