じほうトップ > 雑誌 > 月刊薬事 > 総目次

月刊薬事

2019年9月1日号

  

【発行形態】
発行:毎月1日
頁数:160~180頁
1冊:2,150円(税別/送料別)
年間購読料(12冊):1年間25,800円
(税別/送料当社負担)

定期購読のお申込み

無料試読サービス

広告掲載について

メールマガジンのお申込

【雑誌のみ1冊までご購入の場合】

メール便(送料150円、代金引換不可)での発送が可能です。
メール便での発送をご希望のかたは、ご注文内容確認画面で"メール便" を選択してください。(※到着まで若干の日数を要します)

MagPlus

次号予告

月刊薬事10月号(Vol.61 No.13)

 

●特集 ピットフォール事例に学ぶ 腎機能に応じた投与設計

 

◆企画:平田 純生(熊本大学大学院 生命科学研究部・薬学部 臨床薬理学分野 教授)

 

■血清クレアチニン値の有用性とピットフォール   

吉田 拓弥

■添付文書の腎機能表記の正しい見方     

竹内 裕紀

■推算CCrの有用性と限界       

浦田 元樹

■eGFRの有用性とピットフォール 

川上 倫子

■シスタチンCの有用性とピットフォール 

津下 遥香

■ICUでの腎機能評価のピットフォール①  

島本 裕子

■ICUでの腎機能評価のピットフォール②  

鈴木 達也

■ラウンドアップ法の有用性とピットフォール     

平田 純生、中谷 咲良

■ハイリスク薬投与時と安全性の高い薬物の腎機能推算の考え方     

近藤 悠希

■どういったときにどのような腎機能評価をすべきか?     

平田 純生