じほうトップ > 雑誌 > PHARM TECH JAPAN > 最新号目次
2019年9月1日号

 

【発行形態】
発行:毎月1日
頁数:約150頁
1冊:2,000円(税別/送料別)
年間購読料(12冊):24,000円
(税別/送料当社負担)

定期購読のお申込み

無料試読サービス

広告掲載について

メールマガジンのお申込

メール便(送料150円、代金引換不可)での発送が可能です。
メール便での発送をご希望のかたは、ご注文内容確認画面で"メール便" を選択してください。(※到着まで若干の日数を要します)

最新号目次

●特集 医薬品製造アウトソーシング

 

①グローバルにみるCMOの事業環境と成長機会

井ノ口雄大

②座談会 わが国の医薬品産業の課題とCDMOへの期待―新しいモダリティ、連続生産への取り組みを考える―

永代尚武氏、久保庭均氏、倉持憲路氏、土居功一氏、中島隆規氏、村上秀樹氏

③バイオ医薬品製造におけるアウトソーシングの動向

岡入梨沙、岡村元義

 

ベンチャー企業 INTERVIEW

■DDS技術で優れた核酸医薬品治療を実現へ アキュルナ株式会社

■脳疾患の新薬開発でパラダイムシフトを起こす 株式会社ブレイゾン・セラピューティクス

 

INTERVIEW

■立命館大学創薬科学研究センター・創剤研究コンソーシアム -産学連携オープンラボを展開へ-

 

PHARM TECH JAPAN ONLINE

■2019年7月度、月間閲覧ランキング

■PHARM TECH JAPAN バックナンバー 2019年7月度、閲覧ランキング

 

ARTICLES

■医薬品の物性評価 Q&A 質問募集

日本薬剤学会物性FG

■第10回富山県GMP講演会のお知らせ

一般社団法人日本PDA製薬学会 北陸勉強会

■粉体シミュレーションの医薬品製造への応用(その1)

酒井幹夫

■分析法のライフサイクルマネジメント~現状と今後の機会~

Phil Borman、 Hatsuki Asahara、 Andy Rignall、 Melissa Hanna-Brown、 Oliver Grosche、 Peter Hamilton、 Annick Gervais、 Stephanie Katzenbach、 Jette Wypych、 Jorg Hoffmann、 Joachim Ermer、 Kieran McLaughlin、 Thomas Uhlich、 Christof Finkler、 Katrin Liebelt

■医薬品用途特許の経済的価値

五十嵐 中

■医薬品工場の設計とトレンド(第7回)

医薬品工場におけるBIM活用

福間直樹、高木直人、松田尚大

■シリーズ GMP査察を巡る最近の話題(第11回)

細胞使用医薬品へのマイコプラズマ否定試験

佐々木次雄

■対談 嶽北先生が訊く 再生医療のいまと未来(第3回)

品質、製造技術を向上させる体制とは

畠賢一郎氏×嶽北和宏氏

■今さら聞けない「QbDって何?」(第7回)

医薬品品質保証のパラダイムシフト

岡崎公哉

■PDE設定における毒性学的な基本概念について

広瀬明彦

■医薬品原薬のQbDアプローチにおけるリスクアセスメントの事例紹介(サクラミル原薬を題材に)-原薬プロセス開発における重要品質特性(CQA)、重要プロセスパラメータ (CPP)及び重要物質特性(CMA)の特定に向けた作業プロセスの提案(Part 2)-

今井昭生、川島忠史、雲林秀樹、杉浦 大、長遠裕介、横山 誠

■若手製剤研究者必読! 単位操作から見た固形製剤(第16回)

微粒子コーティング 微粒子コーティングの基礎

近藤啓太、丹羽敏幸

■PTP基礎講座(第17回)

機械 PTPラインに係る検査機および検査システム

平澤和也

■WFIは無菌管理でよいのか? ~微生物連続測定装置をWFI監視に利用する課題~

布目 温

■製剤研究者が注目する一押しトピック

■薬の名前 続:ステムを知れば薬がわかる(第17回)

川崎ナナ、内田恵理子、田辺光男、宮田直樹

■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.143)

津田重城

 

Study of GMP

■中小規模組織におけるQRMのインフラ整備(第21回)

QRMインフラとしてのトレーニング

柳澤徳雄

 

製剤技術

■【製剤と粒子設計】DEMにおける弾性率低減手法と付着力スケーリング

鷲野公彰、田中敏嗣

■【製剤と粒子設計】粒子加工技術分科会 令和元年度 第1回見学・講演会(製剤と粒子設計部会2019年度 第2回見学・講演会)印象記/田辺三菱製薬工場株式会社 吉富工場

橋爪隆秀

 

その他

●行政ニュース

長期収載品の市場撤退手続きを明確化

 

●News Topics

 

●New PRODUCTS

 

■World News Topics

ガイドライン関連、品質関連、警告書関連、483文書