じほうトップ > 新聞・電子版 > THE MEDICAL & TEST JOURNAL

~ 創刊40周年のご挨拶 ~
「THE MEDICAL&TEST JOUNAL」(MTJ)は創刊から40周年を迎えました。読者の皆さま、臨床検査関係者の皆さまから多くのご指導を頂きながら、長い年月を積み重ねることができました。心より感謝申し上げます。
 

【事前特集 VOL.1】第1477号

~本号は2部構成になります~

「日本臨床検査自動化学会第51回大会(10/3~5・横浜)

大会長インタビュー
宮地 勇人氏(東海大学医学部基盤診療学系臨床検査学教授)
臨床検査の充実へ新たな仕組み 
「臨床検査の品質確保―新時代の幕開け―」

臨床検査を巡る環境が大きく変貌する現状を、宮地大会長は「新たな時代の幕開け」と捉えてプログラムを準備した。臨床検査の水準向上とともに成長産業にするには国際化が必須という考えから、いくつかの新しい仕組みも採り入れた。

[写真]宮地氏

トピックス

◆シンポジウム聞きどころ
 〇シンポジウム1  10月4日(金)9:00~11:00
各検査領域の内部精度管理のあり方
座長:村上 正巳
(群馬大学医学部附属病院検査部)
   澤部 祐司(千葉大学医学部附属病院検査部)

 ○シンポジウム2  10月5日(土)13:00~15:00
各検査領域の外部精度管理のあり方
座長:菊池 春人
(慶應義塾大学医学部臨床検査医学)
   細萱 茂実(東京工科大学医療保健学部臨床検査学科)

 ○シンポジウム3  10月5日(土)10:00~11:50
医療機関内(検査室外)の検体検査の管理
座長:〆谷 直人
(国際医療福祉大学熱海病院検査部)
   奥田 優子(東邦大学医療センター大森病院臨床検査部)

 ○シンポジウム4  10月4日(金)9:00~11:00
生理機能検査の精度管理 ―ISO 15189 認定分野を中心に―
座長:古川 泰司
(帝京大学)
   町田 幸雄(日本適合性認定協会)

 ○シンポジウム5  10月5日(土)10:00~11:50
薬剤耐性菌の現状と検査の進歩
座長:髙橋 聡
(札幌医科大学医学部感染制御・臨床検査医学講座)
   木村 由美子(長崎大学病院検査部)

 ○シンポジウム6  10月5日(土)13:15~14:45
〈日本臨床検査医学会関東甲信越支部 共催〉
臨床検査の国際化 ―臨床検査のIn boundとOut bound
座長:下澤 達雄
(国際医療福祉大学医学部、大学院臨床検査医学)
   宮地 勇人(東海大学医学部)

 ○シンポジウム7  10月5日(土)13:00~15:00
〈私立医科大学臨床検査技師会 共催〉
災害医療と臨床検査 ~精度はどこまで必要か?~
座長:谷 浩也
(愛知医科大学病院中央臨床検査部)
   嘉成 孝志(東京医科大学八王子医療センター中央検査部)


◆技術セミナー聞きどころ
 〇第20回科学技術委員会技術セミナー  10月3日(木)15:00~17:30
いまさら聞けない臨床化学・免疫化学のポイント ~第二弾~
司会・進行:神山 清志
(浦和医師会メディカルセンター)
      藤本 一満(倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科)

 ○第20回遺伝子・プロテオミクス技術セミナー  10月3日(木)15:00~17:30
遺伝子検査の精度管理
司会
(第1部:講演会編):村上 正巳(群馬大学大学院医学系研究科臨床検査医学)
             糸賀 栄(かずさDNA研究所)
司会(第2部:実習編) :南木 融(筑波大学附属病院検査部)

 ○第9回血液検査機器技術セミナー  10月5日(土)9:30~12:00
凝固検査の品質保証
座長:久保田 浩
(大阪市立大学医学部附属病院中央臨床検査部)
   内藤 麻美(つくば i-Laboratory LLP検査部)

 ○第71回POC セミナー  10月3日(木)13:00~17:00
Point of Care Testingにおける精度保証
司会
(講習):山崎 家春(株式会社ビー・エム・エル/東京医科大学分子病理学分野)
       小林 隆(栄研化学株式会社)
司会(実習):太田 麻衣子(亀田総合病院臨床検査部)
       竹澤 理子(三井記念病院臨床検査部)

 ○第2回微生物検査・感染症技術セミナー  10月5日(土)13:00~16:00
臨床検査技師が知っておくべき血液培養検査の基礎知識
司会:栁原 克紀
(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・診断学分野/長崎大学病院検査部)
   中村 竜也(京都橘大学健康科学部臨床検査学科)

 ○第1回医療情報技術セミナー  10月3日(木)13:00~15:00
知っておきたい臨床検査データ解析のテクニック
司会・進行:萩原 三千男
(株式会社エスアールエル)
講師:瀬戸山 大樹(九州大学病院)
医療情報委員会:委員長 和田 隆志(金沢大学大学院)
        副委員長 片岡 浩巳(川崎医療福祉大学)
        副委員長 長原 三輝雄(北陸大学)


NEWSヘッドライン

  • 自動化学会、国際交流活動を推進 委員会と基金を設置 20年度本格活動へ
  • 全ゲノム検査の実施体制を整備 厚労省、年度内に実行計画
  • <連載>JSH2019を臨床検査にどう生かすか? 下澤 達雄(国際医療福祉大学大学院)
  •  【第7回】水俣条約ってご存じですか?
  • 健診環境の改善などに取り組み 全医共総会で報告
  • 献血ウェブシステムの開始報告 日赤が18年度報告

【事前特集 VOL.2】1478号

◆JACLaS EXPO 2019 書面INTERVIEW
残松 直樹 氏
(日本臨床検査機器・試薬・システム振興協会 理事長)
「活気ある展示会」で検査発展に貢献

日本臨床検査機器・試薬・システム振興協会(ジャクラス)の展示会「JACLaS EXPO 2019(ジャクラス・エキスポ2019)」が10月3日から5日まで、パシフィコ横浜(横浜市)で開催される。今年のジャクラス・エキスポの特徴について、残松理事長に聞いた。

◆企業共催セミナープログラム(セミナー案内を4~9面に掲載しています)

◆JACLaS EXPO 2019 Floor Map

◆日本臨床検査自動化学会 2019年度  第26回論文賞 
○全自動尿中有形成分分析装置UF-5000における体液測定モードの基礎的性能評価
蒲生 夏美
(東邦大学医療センター大森病院 臨床検査部)

○可溶性フィブリンモノマー・フィブリノゲン複合体(SF)測定試薬:ナノピアSFとイアトロSFの比較
中里 萌・青笹 真美
(山口県立総合医療センター 中央検査部)
田端 秀美・野崎 順子・桜井 錠治(株式会社LSIメディエンス 診断薬事業本部)

◆日本臨床検査自動化学会 2019年度  優秀演題賞 
○個々人のパーソナリティを考慮したLCMSによる血液うつ病バイオマーカー研究
瀬戸山 大樹
(九州大学病院 検査部)

○腎機能を補正した新指標プレセプシン/クレアチニン比の有用性
三好 雅士
(徳島大学病院 医療技術部 臨床検査技術部門)

○多発性骨髄腫治療薬「ダラツムマブ」の蛋白分画検査への影響について
西村 美咲
(横浜市立大学附属病院 臨床検査部)

○Machine Learning(機械学習)を自主学習するための試み
松村  聡
(千葉科学大学 危機管理学部 保健医療学科)


お知らせ

「2019年医学会・研究会等開催一覧(下期)ポスター」*2019年4月21日号付録
↑クリックすると見本が表示されます。

◆新規購読特典◆
新規にご購読をお申込みの方には、こちらのポスターを進呈します。

【MTJ】について

【MTJ】年間購読料金 9,000円(税別・送料込み)

タブロイド判新聞・オールカラー・8~16ページ(臨時増刊号/年1回)
毎月1日・11日・21日発行(郵便でお届けします)

無料試読受付中! 2号分を無料でお送りいたします
お申し込みはこちら ≫≫ 無料試読申込書(PDF)

購読申込みはこちら (年間購読料金 9,000円/税別・送料込み)
お申し込みはこちら ≫≫ 購読申込書(PDF)

◆メルマガ(無料)会員募集中◆
【MTJ】の発行日にあわせてトピックスをメールでお知らせしています
メルマガ申込フォーム

■購読に関するお問い合わせ
株式会社じほう 販売管理部
TEL:(03)3233-6333(平日9:30~17:00)