じほうトップ > 新聞・電子版 > THE MEDICAL & TEST JOURNAL > 最近のバックナンバータイトル


・最新号はこちらから

2018年7月21日・1433 号



 毎月1日・11 日・21 日発行
タブロイド判
1年:9,000 円 (税別/送料当社負担)


定期購読のお申込み

無料試読サービス

広告掲載について

ご意見・お問い合わせ 

2018年7月11日号 【1432号】

◆体外診の定義見直しが必要
臨薬協の小野会長
薬機法見直しで

[写真]小野氏

国立大検査部会議にゲノム医療WG
 三重大・中谷氏中心に
<インタビュー>
  佐守 友博 氏(日本食品エコロジー研究所社長)
 精度確保、きめ細かな基準必要
<大会長に聞く>
  第13回日本臨床検査学教育学会学術大会
 
[2018年8月17日(金)~19日(日)・北海道]
  大会長:山口 博之 氏(北海道大学大学院 保健科学研究院 病態解析学分野)
  技師教育の「多様性」を追求 教育の在り方、確認の機会に

◆NEWSヘッドライン
一般用の便潜血検査キットでGL案 厚労省部会が了承
がん対策の中間評価作業を開始 1年ぶり厚労省協議会
検査部門による医療安全の“知恵の輪” 日赤検査技師会が研修会で共有
全国国立大学法人病院検査部会議 検査データの質とガバナンスを
みらかHD 新セントラルラボを建設

 

2018年7月1日号 【1431号】

◆精度管理の省令、検討会報告を踏襲
厚労省が6月中に公布

[写真]医療部会、冒頭の様子=6日、厚労省

日臨技 第4次宮島執行部が発足
  専務に滝野・深澤両氏

事前特集 第19回日本検査血液学会学術集会
(2018年7月21日~22日・大宮ソニックシティ)
<インタビュー>
アクティブラーニングのマインドで

大会長 北村 聖 氏(国際医療福祉大学医学部)
<テクニカルセミナー1> 聞きどころ
7月21日(土)
9:00~10:40
標準化委員会報告 ―2018年度の提言
 座長:通山 薫 氏(日本検査血液学会理事長 川崎医科大学検査診断学)
<テクニカルセミナー2> 聞きどころ
7月22日(日)9:20~11:20
フローサイトメトリー検査を用いた造血器腫瘍診断の進歩
 座長:池本 敏行 氏(滋賀医科大学医学部附属病院検査部)
    小池 由佳子 氏(虎の門病院臨床検体検査部)

<レポート>
  技師の仕事に興味持って 
青森県立中央病院がセミナー
<レポート>日本臨床検査専門医会春季大会
 アジア市場戦略へパネル討議

◆NEWSヘッドライン
厚労省 5月承認、新規は7件 HE4やトロポニンなど
日衛協調査 アルブミン、測定法の情報伝達を
剖検許諾の研修医教育、実地が7割 内科・病理両学会が調査
ファルコ・安田社長 開業医市場、採算性重視で開拓

 

2018年6月21日号 【1430号】

◆微生物分野で初の技術セミナー
10月の自動化学会大会

[写真]栁原克紀氏(微生物検査・感染症委員会 委員長)

◆腎疾患対策、目標に「CKD重症化予防」
  厚労省検討会 10年ぶり報告書
◆がんゲノムの情報拠点が開設
  配列情報などのDB構築
<レポート>第66回日本輸血・細胞治療学会総会
  安全確保へ専門チームが活動を

◆NEWSヘッドライン
日衛協 江川会長が3期目に
厚労省 IgG4の汎用試薬が承認、7月発売
日本電子栗原社長 医用機器事業「今期あたりが底」
MBL山田社長 次世代機を開発中 体外診強化で業績回復

2018年6月11日号 【1429号】

◆内・外部精度管理、義務化求める意見
厚労省パブコメ
責任者の要件化主張も

◆臨薬協の新会長に小野氏
  各委員会の活動活発に  「業界に尽くす」
◆がん検診の推奨年齢を見直し、上限も
 厚労省検討会が議論開始 年内に報告書
<レポート>第67回日本医学検査学会
  がん医療、検査技師への期待相次ぐ CGMCや高質の標本作製を

◆NEWSヘッドライン
養成見直し、教育協が新たな案 1単位増軸に 6月にも成案化
同学院が試験委員の合同会議 2級・緊急試験の実施に備え
日水・小野社長 オープンイノベーションを推進
カイノス上地社長 「カルニチン」の業績貢献を期待

2018年6月1日号 【1428号】

◆硝子円柱の鑑別基準を作成へ
尿沈渣でJCCLS標準化委
成分の略号も統一

肝線維化マーカーを6月収載
  中医協が了承 AIAに搭載

第67回日本医学検査学会 in 浜松(2018.5.12~13)
○検査技師は「コーディネーター」に 宮島会長、AIテーマに基調講演
○臨地実習、OSCEや施設要件を導入 日臨技 会内議論で浮上
○質保証制度、20年度から開 日臨技・滝野氏

労臨技 18年度計画が了承
  魅力ある検査室づくりを推進

<インタビュー>
 学会・技師会が精度管理推進を
 池田 勝義 氏(熊本保健科学大学教授)

◆NEWSヘッドライン
遺伝子検査のISO認定へ検討 JAB 12月受け付けへ
教育や精度管理に力点 済生会技師長会議
みらかHD・17年度業績 営業益37%減、先行費用膨らむ
ビー・エム・エル新中計 細菌検査の能力を強化
日本BDと国立研究所 免疫老化メカニズム解明へ共同研究

付録】第93回日本結核病学会総会 事前特集 特別編集版  

■会長インタビュー
鈴木 克洋 氏(近畿中央胸部疾患センター 統括診療部長)
歴史を学び将来の対策に生かす
多剤耐性結核と非結核性抗酸菌(NTM)症に重点

■シンポジウム見どころ
○シンポジウム3 非結核性抗酸菌症の臨床の理解を深める
座長:森本 耕三 氏(結核予防会複十字病院呼吸器内科)
    露口 一成 氏(近畿中央胸部疾患センター臨床研究センター)
○シンポジウム5 低蔓延時代の結核院内感染対策
 座長:桑原 克弘 氏(西新潟中央病院呼吸器科)
    加藤 誠也 氏(結核予防会結核研究所)
○シンポジウム6 IGRAとLTBI
座長:露口 一成 氏(近畿中央胸部疾患センター臨床研究センター感染症研究部)
    猪狩 英俊 氏(千葉大学医学部附属病院感染制御部/感染症内科)
○シンポジウム7 いまの検査体制でよいのか? 抗酸菌検査の精度保証はどうあるべきか
座長:樋口 武史 氏(彦根市立病院臨床検査科)
    松本 智成 氏(大阪府結核予防会大阪病院内科)

■解説 抗酸菌検査の最新TOPICS
○抗酸菌検査 非結核性抗酸菌の検出状況
霜島 正浩 氏
(株式会社ビー・エム・エル)
○抗酸菌検査の迅速報告に向けて
大楠 清文 氏
(東京医科大学微生物分野)


2018年5月21日号 【1427号】

◆日臨技
経営人材育成へ認定制度
宮島会長、優先7項目を指示

◆欧州規制が厳格化 第三者機関と相談を
<診療報酬改定2018>
  インタビュー 稲山 嘉明 氏(日本臨床細胞学会社会保険委員会委員長)
  LBC増点「少し前進」 細胞学会の稲山委員長「普及状況見る」
◆緑内障診断にAI、有用性を検証へ
 佐賀大研究所 承認視野に

◆NEWSヘッドライン
結核健診、80歳以上に重点 厚労省 統一対応求め通知
岐阜県技師会が初級講習会 卒後3~5年の若手を対象に
LDL-C「F式が国際標準」 動脈硬化学会の岡村氏
シスメックス グローバルトップ5入り目指す
栄研化学 遺伝子検査システムの承認準備

2018年5月11日号 【1426号】

◆在宅医療 参画へ意欲と課題
医学会と日臨技が共同シンポ
宮島氏「費用対効果が必要」
[写真]宮島会長

◆遺伝子パネル、患者に正確な情報を
 中医協で意見 「半数は治療に生かせず」
<大会長に聞く>第43回日本超音波検査学会学術集会
  田中 教雄 氏(国立循環器病研究センター 臨床検査部)
<レポート>日本臨床検査自動化学会・第32回春季セミナー
 「ユーザビリティー」巡りシンポ 医療安全で活用例

◆NEWSヘッドライン
腹部エコー、高評価と件数に相関 全衛連が17年度報告
私大技師会、急性期の特色生かす 2期目の谷会長が抱負
東大病院のパネル検査は「適」 先進医療で厚労省部会
春の叙勲・褒章 山本慶和氏(元天理よろづ相談所病院)に瑞宝双光章
体外診の16年度売上、1.2%増 臨薬協集計 免疫など牽引

2018年5月1日号 【1425号】

◆臨薬卸連・坂牧会長
院内検査充実へ取り組みを支援
改正法施行など受け

◆<事前特集>第66回日本輸血・細胞治療学会総会
○総会長インタビュー

 室井 一男 氏 (自治医科大学附属病院輸血・細胞移植部)
  チーム医療実践へ 専門性追求の場に
[写真]総会長の室井 一男 氏

○シンポジウム2 5月24日(木)13:30~15:30
 チーム医療推進のためのI&Aの活用
 座長:田中 朝志 氏(東京医科大学八王子医療センター輸血部)
    河野 武弘 氏(大阪医科大学附属病院輸血室)

○シンポジウム6 5月25日(金)9:00~11:00
 新生児と乳児における輸血前検査の現状と課題
 座長:岸野 光司 氏(自治医科大学附属病院輸血・細胞移植部)
    安田 広康 氏(福島県立総合衛生学院教務部臨床検査学科)

○シンポジウム8 5月25日(金)16:20~18:20
 輸血チーム医療に関する指針
 座長:牧野 茂義 氏(虎の門病院輸血部)
    面川 進 氏(秋田県赤十字血液センター)

◆精度管理基準、医療部会に報告 厚労省

◆NEWSヘッドライン
エイズ・梅毒、発生届の記載充実へ 厚労省
PgR高感度検出のキットが承認 厚労省 3月承認簿
日本内科学会理事長に矢冨氏
東京医歯大と日立が包括連携 難病診断の支援で
尿でがん検査、実証試験を開始 日立製作所