じほうトップ > 新聞・電子版 > THE MEDICAL & TEST JOURNAL > 最近のバックナンバータイトル

~ 創刊40周年のご挨拶 ~
「THE MEDICAL&TEST JOUNAL」(MTJ)は創刊から40周年を迎えました。読者の皆さま、臨床検査関係者の皆さまから多くのご指導を頂きながら、長い年月を積み重ねることができました。心より感謝申し上げます。
 

2019年7月11日号 【1470号】

◆参院選スタート、小川氏が支持訴え
 伊達氏の後継自負「志引き継ぐ」

[写真]小川氏の出陣式

◆「検査時の薬剤投与」を要望へ スクシフティングで日臨技
超音波検査の評価が論点に 20年度改定

◆NEWSヘッドライン

日臨技会員 6万4000人超に 3月末時点
医療機関、7月から「敷地内禁煙」 改正健康増進法が一部施行
自動化学会が名称変更へ 来年1月1日付
がんゲノム、精度管理などに課題 臨床腫瘍学会セミナー
日産婦 NIPT新指針の運用見送り

2019年7月1日号 【1469号】

◆医師から移管可能な業務は?
 厚労省
 30超団体から意見聴取へ

[写真]17日に開かれた第1回のヒアリング

◆18年度精度管理調査、平均点が最高
 日衛協 243施設が参加
<Report>第29回日本臨床検査専門医会春季大会
(5/31~6/1・広島市)

◆NEWSヘッドライン
定款改定承認、全都道府県から理事選出 日臨技総会
途上国向け診断キット、事業展開に支援必要 感染症対策の官民会議
5月承認、新規は1件 一般用の妊娠検査薬 厚労省
デジタルパソロジーのGL公表 病理学会
協和メデックスが社名変更 「日立化成ダイアグノスティックス・システムズ」に

2019年6月21日号 【1468号】

◆養成見直し、医療人を意識
 日臨技と教育協が要望提出

<事前特集>
第20回日本検査血液学会学術集会
〇大会長インタビュー
松尾 収二 氏(公益財団法人天理よろづ相談所病院)

「つながり」深める機会に 一般演題を重視、活発な議論に期待

〇寄稿 聞きどころ
<シンポジウム>
7月6日(土)10:20~11:50 第7会場
最近の血栓止血異常のとらえかた ~検査室や研究室から~
座長 窓岩 清治
(東京都済生会中央病院 臨床検査医学科)
   由木 洋一
(京都府立医科大学附属病院 臨床検査部)

<テクニカルセミナー 2>
7月7日(日)9:00~10:30 第7会場
自動分析装置を測定ツールから 生体情報を読み取るツールへ
座長 近藤  弘
(関西医療大学 保健医療学部臨床検査学科)
   三村 喜彦
(兵庫県立加古川医療センター 検査・放射線部)

◆NEWSヘッドライン
パネル検査「基本的考え方」を改訂 臨床検査振興協議会
循環器の診療情報を共有 厚労省、来年度にモデル事業
コニカ、次世代遺伝子パネル開発へ 東大・国がん研と共同で
海外販売体制整備に注力 日本電子が新中計
ファルコ検査事業、火災で減収 安田社長「今期をボトムに」
シスメックスと阪大が包括提携 情報科学の知見活用
 

2019年6月11日号 【1467号】

◆ALP・LD、来年4月からIFCC法へ
 臨床化学会 1年で完全移行を

◆がんゲノム医療、本格実施へ パネル検査収載、拠点病院整備も
<レポート>第68回日本医学検査学会

◆NEWSヘッドライン

養成教育の見直し要望を報告 日本臨床検査学教育協議会
副会長 8人体制に 臨薬協 各委員会を担当
医療法対応、県技師会が支援 愛知でセミナー
働き方改革、医療職も対象 残業規制など順次実施
精度管理用血清などで成長へ 日水製薬が2カ年の中計

2019年6月1日号 【1466号】

◆実習12単位、カリキュラム統一に意欲
 日臨技・宮島会長
 技師養成制度を改革

[写真]宮島氏

Interview
 國島広之 氏(聖マリアンナ医科大学教授)
 C.difficile感染症、遺伝子検査に意義
検査技師の給与は29万2000円 厚労省調査

◆NEWSヘッドライン

健診の実施指針改正へ議論再開 厚労省専門委
厚労省 体外診断用医薬品 4月承認分、新規は6件
HTLV-1感染、若年男性で増加 九州の疫学調査
「連携病理診断」活性化へ報酬を 病理学会シンポで要望
PHC HD LSI買収、顧客基盤のシナジー期待
東ソー新中計、新項目開発に注力



【付録】(A4サイズ・12ページ)
第94回日本結核病学会総会 事前特集
抗酸菌感染症の継往開来
―西洋医学発祥の地から次世代に向けて―

■会長インタビュー
門田 淳一 氏
(大分大学医学部呼吸器・感染症内科学講座 教授)

■総会の聞きどころ
●シンポジウム〔1〕
6/7(金)08:30-10:30 第1会場
免疫不全に合併したNTM症
座長 藤田 昌樹
(福岡大学医学部呼吸器内科学)
   菊地 利明
(新潟大学大学院医歯学総合研究科呼吸器・感染症内科学分野)

●シンポジウム〔2〕
6/7(金)15:30-17:30  第1会場
結核・非結核性抗酸菌症に対するAntimicrobial Stewardship Teamの活動
座長 長谷川 直樹
(慶應義塾大学医学部感染症学教室)
   八木 哲也
(名古屋大学医学部臨床感染症学講座)

●シンポジウム〔6〕
6/7(金)15:50-17:20  第2会場
増加する外国生まれ結核患者への対応
座長 大角 晃弘
(公益財団法人結核予防会結核研究所臨床・疫学部)
   藤山 理世
(神戸市保健所)

●シンポジウム〔7〕
6/8(土)08:50-10:20  第1会場
結核菌ゲノム研究の進歩 ― 基礎と応用 ―
座長 瀬戸 順次
(山形県衛生研究所)
   慶長 直人
(公益財団法人結核予防会結核研究所)

■解説 抗酸菌検査の最新トピックス
●抗酸菌検査の精度保証について
 樋口 武史 氏
(彦根市立病院臨床検査科 科長)

●抗酸菌検査法のこれまでの進展について
 霜島 正浩 氏
(株式会社ビー・エム・エル)

2019年5月21日号 【1465号】

◆管理者育成へ認定制度創設
 日臨技、まず千葉科学大と提携

高血圧GL、技師も日常業務に活用を
 国際医療福祉大の下澤氏、検査を担当

◆NEWSヘッドライン

日本発イノベーション、5分野に重点 AMEDが今年度から支援
検査データ「使う側」へ転換を 日臨技の横地氏
検査説明の委譲希望、勤務医の24% 厚労省、18年度改定調査
AI活用の診断支援システム開発 内科学会が今夏公開へ
BML 18年度業績3.2%増収、検査事業が好調
PHC、LSIメディエンスを買収 がん検査事業を強化

2019年5月11日号 【1464号】

◆AMR対策に基盤システム
 リファレンスセンターが構築

<編集部 Report>
戸畑共立病院 ISO 取得の先に見えたもの

◆NEWSヘッドライン

がんゲノム「拠点病院」9月にも指定 厚労省WGが要件了承
がんパネル、C-CATに遺伝子情報提出 保険適用の要件 中医協が決定
3月承認分、新規は5件 フィンガルリンクの「Hydrashift プラス」など
高血圧治療GL、5年ぶり改訂 日本高血圧学会が会見
栄研化学 グローバル企業への成長目指す 新経営構想

2019年5月1日号 【1463号】

◆定款改正などに重点
 宮島氏が方針 養成制度見直しも

<事前特集>第67回日本輸血・細胞治療学会学術総会
●インタビュー 
総会長 米村 雄士 氏(熊本大学医学部附属病院 輸血・細胞治療部)
「最良」への知見得る場に 熊本で初の開催

●寄稿「シンポジウム聞きどころ」
・シンポジウム4
 
iPS細胞/幹細胞が拓く最新医学研究
座長:中畑 龍俊
(京都大学iPS細胞研究所)
   江良 択実(熊本大学発生医学研究所 幹細胞誘導分野)

・シンポジウム8
小規模施設および在宅における輸血医療体制の構築に向けて
座長:北澤 淳一
(青森県立中央病院 臨床検査部)
   末岡 榮三朗(佐賀大学医学部 臨床検査医学講座)

・シンポジウム17
適切な輸血療法にむけたガイドラインの整備とその現状
座長:松本 雅則
(奈良県立医科大学 輸血部)
   田中 朝志(東京医科大学 八王子医療センター輸血部)

◆NEWSヘッドライン
日臨技 外部サーベイ試料を作製
POCT測定に認定制度 日本臨床検査同学院
改正薬機法、臨床検査への影響は?
聖マリ大とLSI ゲノム医療推進へ基本契約
日本BD CD感染症の遺伝子キットが保険適用
 

2019年3月31日号 臨時増刊 【1459号】

【特集】検査室を支える企業力 2019

●沼津市立病院×日立ハイテクノロジーズ
 業務効率化・運用改善に貢献
●信州大学医学部附属病院×ニットーボーメディカル
 学産連携でIgG4測定試薬を開発
●久留米大学病院×バイオ・ラッド ラボラトリーズ
 精度管理試料、液状タイプに変更
●富士レビオ
 臨床化学会技術賞連続受賞、製品開発力が評価
●相良病院×シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス
 アジアの女性医療モデルを目指す
●名古屋第一赤十字病院×プレシジョン・システム・サイエンス
 ゲノム検査の質、自動化で向上
●医療法人ふれあい会半田クリニック×オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス
 大規模災害への備えを充実
●埼玉県立小児医療センター×オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス
 微量検体対応がニーズに合致
●横浜労災病院×富士フイルムメディカル
 高感度検査でインフル封じ込め
●大阪大学医学部附属病院×アイディール ブレーン
 大阪府北部地震で実証された免震性能
●新東京病院×アズサイエンス
 課金方式採用し自主運営に