薬の副作用 第2版

立ち読み

患者の訴え・症状からわかる

薬の副作用 第2版

商品コード 45123
編著 大津 史子(名城大学薬学部 医薬品情報学)、浜 六郎(特定非営利活動法人 医療ビジランスセンター)/編著
判型 B5判
発行日 2013年11月
ページ 370
定価(税込) ¥3,672
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次

内容

●待望の第2版!
●患者の訴えるその症状は、疾患が原因?それとも薬の副作用?


 薬剤起因性の副作用症状が起こる原因やその対応方法などを、器官別に症例を交えて解説!6年ぶりの改訂で、新た分子標的薬や子宮頸がんワクチンの症例など最新の話題を追加し、内容を全面的に見直しました。
 「臓器の働き」や「医薬品の性質」を理解し、薬物療法の結果を見極めるための副作用マネジメント能力を高めたい医師・看護師・薬剤師をはじめ、すべての医療従事者必携の1冊です。

▲ページの先頭へ

目次

第1章 一般的全身障害(アナフィラキシー)
第2章 皮膚障害
第3章 免疫障害
第4章 肝障害
第5章 腎障害
第6章 造血器障害
第7章 呼吸器障害
第8章 循環器障害
第9章 消化器障害
第10章 筋・骨障害
第11章 神経障害
第12章 精神障害
第13章 感覚器障害
第14章 代謝障害
第15章 内分泌障害
第16章 奇形・新生児障害

資料 副作用を起こしやすい薬剤リスト

▲ページの先頭へ