月刊薬事2013年12月号(Vol.55 No.13)

立ち読み

月刊薬事2013年12月号(Vol.55 No.13)

【特集】薬剤性腎障害のとらえ方

商品コード 93465
編著
判型 A4変型判
発行日 2013年12月
ページ
定価(税込) ¥2,160
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

【特集】薬剤性腎障害のとらえ方

  腎臓は体重に占める割合が0.5%しかない臓器ですが、心拍出量の25%近くの血液を受け入れていることから、高濃度の薬剤に曝露され、毒性を受けやすいことが容易に想定されます。そのため、日常診療で薬剤性腎障害を回避したり最小限に抑えたりするための知識を身につけることが必要です。今月号では薬剤性腎障害に焦点を当て、臨床における注意ポイントから、腎障害の原因ではないかとして注目されている薬物トランスポーターまでをご紹介します。

▲ページの先頭へ

目次

 

 【特集】薬剤性腎障害のとらえ方 

 
特集にあたって             
増田 智先
薬剤性腎障害のメカニズムと尿中のバイオマーカー             
岸 誠司,市村 隆治
症状,病態生理から薬剤性腎障害を疑う,キャッチする      
竹内 陽一,阿部 高明
高齢者における薬剤性腎障害      
本橋 秀之
腎機能障害患者における抗がん薬の薬物動態,抗がん薬による腎機能障害      
藤田 健一
尿毒症物質の臨床薬理   
齋藤 秀之
腎薬物トランスポーターと薬剤性腎障害   
鬼頭 朋子,楠原 洋之
腎障害を引き起こす薬剤の使い方・注意点
 抗がん薬      
米澤 淳
 抗菌薬          
中村 任
 ●NSAIDs       
加納 優治,岡本 和久,安西 尚彦
 造影剤          
矢野 貴久
 免疫抑制薬   
村木 優一,奥田 真弘
 漢方薬          
小川 真
 
 
取 材
フロントページ 第23回日本医療薬学会年会が開催(仙台市)
この人に聞く 経腸栄養t時の薬物動態変化を探索      
崔 吉道氏(金沢大学附属病院准教授・薬剤部副部長)
レポート
●2013年紫禁城薬剤師国際フォーラムが北京で開催
骨粗鬆症マネージャー認定資格を設立      
15回日本骨粗鬆症学会(大阪市)
 
 
薬事Up-to-Date
海外文献紹介   
門脇 大介,平田 純生/木村 利美,木村 友絵/谷知 正章
クリニカルスタディレビュー(完)          
羽石 達生
ニュースレター
 
 
連載
実際どうなの?臨床推論――思考するためのプチ知識[12](完)     
川口 崇,岸田 直樹
●RMPで変わる医薬品安全対策[6]
医療機関からの実践          
荒木 隆一
感染症医が教える薬剤師力臨床感染症ケースファイル[14]
腹腔内感染症(二次性腹膜炎)      
岸田 直樹
時めき臨床研究[12]
比較の質――3の因子に気をつけよう      
福間 真悟,大西 良浩,福原 俊一,渡部 一宏,関根 祐子
精神科領域の評価尺度を使いこなす[9]
統合失調症の重症度評価――陽性・陰性症状評価尺度(PANSS     
稲田 俊也,山本 暢朋,遠藤 洋
よくわかる漢方薬講座――処方意図と服薬指導のポイント[11](完)
がん領域(緩和ケア・支持療法)   
小川 真生,元雄 良治,緒方 千秋
処方せん疑義照会トレーニング[9]
Helicobacter pylori感染症に対する一次除菌療法       
吉川 飛鳥,駒井信一郎
海外の新薬審査情報を読み解く[24]
イオフルパン(Ioflupane I 123  
野村 香織
適応外使用の処方せんの読み方[43]
アルコール依存症候群      
藤原 豊博
 
 
トピックス
●2013年紫禁城薬剤師国際フォーラムを振り返って 
清水 潤一
 
 
その他
書評 喘息・COPDの薬と患者指導・支援/ハイリスク薬チェックシート2
総目次
お詫びと訂正
次号予告・編集部より

 

▲ページの先頭へ

次号案内

 【特集】薬物性肝障害のとらえ方

◆オーガナイザー:齋藤 英胤(慶應義塾大学薬学部薬物治療学 教授/同 医学部消化器内科)

■薬物性肝障害の理解の難しさ
■薬物代謝と肝障害
■薬物性肝障害の病態機序と臨床像
■早期診断における診断基準スコアリングの活用および薬剤師の関与の重要性
■肝細胞障害型DILIを来しやすい薬物・臨床的特徴・治療
■胆汁うっ滞型DILIを来しやすい薬物・臨床的特徴・治療
■薬物性肝障害による急性肝不全
■非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を来す薬剤――タモキシフェン
■漢方薬,健康食品による薬物性肝障害の情報
■薬物性肝障害とSNPs
■肝障害時の薬物療法の注意点――抗がん薬を中心に

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事[年間購読]<送料当社負担>
  • 月刊薬事2017年11月号(Vol.59 No.15)
  • 月刊薬事2017年10月号(Vol.59 No.13)
  • 月刊薬事2017年9月号(Vol.59 No.12)
  • 月刊薬事2017年8月号(Vol.59 No.11)
  • 月刊薬事2017年7月号(Vol.59 No.9)
  • 月刊薬事2017年6月号(Vol.59 No.8)
  • 月刊薬事2017年5月号(Vol.59 No.7)
  • 月刊薬事2017年4月号(Vol.59 No.5)
  • 月刊薬事2017年3月号(Vol.59 No.4)
  • 月刊薬事2017年2月号(Vol.59 No.3)
  • 月刊薬事2017年1月号(Vol.59 No.1)

▲ページの先頭へ