健康サポート薬局・かかりつけ薬剤師のための 臨床判断ハンドブック

健康サポート薬局・かかりつけ薬剤師のための 臨床判断ハンドブック

商品コード 50011
編著 福生 吉裕/編
福生 吉裕、有澤 賢二/著
判型 A5判
発行日 2017年11月
ページ 184頁
定価(税込) ¥2,592
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●経験豊富な内科医が解説した“臨床判断”の指南書

わが国が直面している少子高齢化社会時代の医療提供体制として、地域包括ケアシステムが進められ、本制度におけるかかりつけ薬剤師の役割と期待は大きなものとなっています。本書は、地域の健康相談役ともいえるかかりつけ薬剤師に必要な、病気の前兆の見分け方や専門医への的確な受診勧奨のポイントを経験豊富な内科医が具体的かつわかりやすく解説している“臨床判断”の指南書です。健康相談やOTC販売の場面で相談される「発熱」「咳」「頭痛」「腹痛」「しびれ」「腰痛」「冷え」などの12の症状について、具体的確認事項と臨床判断の進め方を簡潔にまとめています。

▲ページの先頭へ

目次

第Ⅰ章 患者さんの身体が教えてくれる情報
1 トリアージを行う前に ―患者さんに接する心得―
2 患者さんの外見や言動から病気のサインを見抜く

第Ⅱ章 患者さんの訴え・症状から病気のサインを見抜くコツ
1 発熱の患者さんが来られた
2 咳と痰の患者さんが来られた
3 手のふるえ・しびれを訴える患者さんが来られた
4 だるさを訴える患者さんが来られた
5 胃と腹の痛みの患者さんが来られた
6 下痢・便秘の患者さんが来られた
7 頭痛の患者さんが来られた
8 腰痛の患者さんが来られた
9 めまいを訴える患者さんが来られた
10 動悸を訴える患者さんが来られた
11 冷えを訴える患者さんが来られた
12 発疹の患者さんが来られた

第Ⅲ章 地域で信頼される薬局・薬剤師になろう
1 薬剤師として臨床力をみがく
2 地域包括ケアシステムと薬剤師の将来ビジョン
3 健康サポート薬局だからできる相談対応プロセス
4 健康サポート薬局Q&A

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 続 処方せん・店頭会話からの 薬剤師の臨床判断
  • Dr.林&Ph.堀の 危ない症候を見分ける臨床判断 Part2
  • 基本的臨床医学知識
  • 総合診療医が教える よくある気になるその症状
  • Dr.林&Ph.堀の危ない症候を見分ける臨床判断
  • 薬剤師の臨床判断
  • 薬剤師のための臨床推論
  • 薬剤師による 症候からの薬学判断
  • プライマリ・ケアに活かす薬局トリアージ

▲ページの先頭へ