症例から学ぶ糖尿病療養指導

症例から学ぶ糖尿病療養指導

商品コード 42504
編著 朝倉 俊成(新潟薬科大学薬学部准教授)/監
判型 B5判
発行日 2011年9月
ページ 245
定価(税込) ¥3,240
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

糖尿病患者に対し、疾病の重症度や体調・環境変化にあわせて、薬剤師は何を指導し、どのように自己管理を支援するかをわかりやすく解説。患者個々の特性に応じた具体的なアプローチのポイントを41症例について詳しく解説したほか、糖尿病の理解に役立つ基礎知識や、特殊な事例などへの対応法をまとめたQ&Aも盛り込みました。日常業務のほか、自己学習にもご活用いただきたい1冊。

▲ページの先頭へ

目次

【目次】
第1章 糖尿病患者を理解するための必須ポイント
  1.糖尿病の理解
  2.治療目標と治療の実際
  3.治療薬
  4.糖尿病性合併症の知識

第2章 症例で考える患者へのアプローチのポイント
  1.食事・民間療法
  2.運動
  3.患者
  4.患者心理
  5.服薬コンプライアンス
  6.経口血糖降下薬
  7.インスリン療法
  8.インスリン・GLP-1受容体作動薬の自己注射
  9.血糖自己測定
 10.副作用
 11.合併症

第3章 Q&Aで考える特殊事例・困った事例への対応
  1.妊婦の糖尿病
  2.シックデイ
  3.低血糖を起こした場合の対処
  4.禁煙支援
  5.科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドラインの読み方

 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 腎不全と薬の使い方Q&A
  • 第4版 わかりやすい糖尿病テキスト
  • 45疾患の薬学管理チェックシート for patient care
  • CKDの治療と薬Q&A
  • 保険薬局のための ハイリスク薬説明支援ガイドブック
  • もう対応に困らない 糖尿病療養指導
  • “こんなときどうしたらよいか”がわかる!もう困らない 病棟での血糖コントロール

▲ページの先頭へ