栄養療法ワークシート

立ち読み

栄養療法ワークシート

商品コード 44928
編著 監修/増田 修三(尾道市公立みつぎ総合病院 地域医療部) 編著/門脇 秀和(島根県済生会江津総合病院 内科)
判型 B5判
発行日 2013年9月
ページ 210
定価(税込) ¥3,888
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

 患者の身長・体重、嚥下機能、水分摂取量、ビタミン・微量元素の設定……。
患者の栄養管理をおこなううえで医療スタッフが確認すべき項目は多岐にわたり、さらに疾患の進行状況によっても大きく異なります。それらを見逃さず、必要な情報をチームで共有することが質の高い栄養療法には不可欠です。
本書は、『図表でわかる栄養療法―基礎から学ぶ臨床―』で好評の付録「NSTチェックリスト」を書籍化。栄養療法で押さえるべきチェックポイントを、「重症病態」、「褥瘡」、「慢性腎不全」などの病態やシチュエーション別に、ワークシート53枚で網羅しました。

付録のCD-ROMには全シートを収載☆
1人でも多くの患者を救いたいという著者の思いから、医療現場での使い勝手にこだわった1冊です!!

 

▲ページの先頭へ

目次

第1章 栄養療法をいざ始めよう

1.栄養療法は適切なスクリーニングから
2.病態把握からプランニング,そしてフォロー・アップへ
3.ルーチンの栄養療法の設定に「スピード」と「スパイス」を加えよう
4.栄養療法に携わる各職種の役割
5.急性期の病態を理解しよう


第2章 症例別ワークシートの活用法

1.重症病態   
2.マラスムス(マラスムス型クワシオルコル)
3.再栄養投与症候群(refeeding syndrome)
4.摂食・嚥下機能低下
5.認知症
6.脳血管障害
7.慢性腎不全
8.慢性閉塞性肺疾患(COPD)
9.2型糖尿病
10.褥瘡
11.肝機能障害
12.心不全
13.胃瘻・経鼻胃管
14.胃切除数年後
15.急性膵炎
16.周術期
17.抗がん剤で治療中
18.緩和ケア(がん終末期)


第3章 NST的視点での症例の考え方


1.重症病態 
2.褥瘡,緩和ケア
3.慢性腎不全
4.慢性肝障害
5.慢性閉塞性肺疾患
6.重症病態,マラスムス型クワシオルコル(1)
7.重症病態,マラスムス型クワシオルコル(2)
8.胃切除後,認知症様症状
9.アルコール関連,再栄養投与症候群
10.緩和ケア
11.慢性閉塞性肺疾患,心不全
12.重症病態,胃切除数年後
13.再栄養投与症候群
 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 図表でわかる栄養療法―基礎から学ぶ臨床―
  • がん化学療法ワークシート 第4版
  • 救急薬物療法ワークシート
  • 薬剤師が知っておきたい臨床知識 改訂4版
  • 栄養アセスメントの実際
  • NST栄養療法トレーニングブック
  • 処方設計にチャレンジ これでわかる静脈栄養法
  • 救急・ICUの業務と薬Q&A
  • 新版 健康食品の基礎知識
  • 褥瘡治療薬使いこなしガイド
  • 改訂6版 薬剤師のための臨床検査の知識
  • 簡易懸濁法マニュアル

▲ページの先頭へ