抗菌薬おさらい帳

立ち読み

抗菌薬おさらい帳

商品コード 48681
編著 関 雅文/編著
石坂 敏彦、上田 浩貴、尾田 一貴、橋口 亮、眞継 賢一、山田 智之/著
判型 A5判
発行日 2016年7月
ページ 240頁
定価(税込) ¥2,808
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●なぜ感染症が起こるのか? 菌や個体の状況はどうなのか?
 どんな抗菌薬があってどのような特徴があるのか?

抗菌薬治療の基本的な考え方や実際がわかる!


近年、抗菌薬の耐性菌の話題がマスコミを賑わせることが多くなっています。2014年にはWHOが初めて耐性菌蔓延の状況を発表し、多剤耐性菌アクションプランの策定を各国に求めました。2016年に行われた伊勢志摩サミットでもこの問題が取り上げられています。
抗菌薬の適正使用に期待されるのが薬剤師の役割です。医師と協力して個々の患者への最適な投与を行うため、日々勉強していることでしょう。一方で、抗菌薬は種類が多く、使い分けを覚えるのは至難のワザ。本書はそんな悩みを解決する入門書として企画されました。さあ、楽しく抗菌薬治療を学びましょう!
 

▲ページの先頭へ

目次

其の壱 感染症を理解する
 1. 感染症はなぜ起こる の巻
 2. 耐性菌って? の巻
 3. 感染臓器って? の巻
 4. 原因菌と常在菌 の巻
 5. 感染症検査 の巻
 まとめ

其の弐 抗菌薬を理解する
 1. 抗菌薬はなぜ覚えにくい? の巻
 2. 抗菌薬勉強時の落とし穴 の巻
 3. どうやって覚える? の巻
 4. 抗菌薬のADME の巻
 5. TDM のピットフォール? の巻
 6. 抗菌薬のPK/PD の巻
 7. 抗菌薬の移行性 の巻
 まとめ

其の参 抗菌薬の特徴
 1. ペニシリン系薬 の巻
 2. セフェム系薬 の巻
 3. カルバペネム系薬 の巻
 4. キノロン系薬 の巻
 5. アミノグリコシド系薬 の巻
 6. マクロライド系薬 の巻
 7. テトラサイクリン系薬 の巻
 8. 抗MRSA薬 の巻
 9. 抗真菌薬 の巻
 10. 抗インフルエンザ薬 の巻
 11. 抗ヘルペスウイルス薬 の巻
 まとめ

其の四 処方のここに注目!
 1. 患者背景を理解する の巻
 2. 患者重症度を理解する の巻
 3. 患者の訴えにも注目 の巻
 4. 初期治療から最適治療への流れ の巻
 5. 現場での処方確認 の巻
 6. 意外に高い?抗菌薬 の巻
 7. 薬剤師からみた医師の思考回路 の巻
 8. 薬剤師の思考回路 の巻
 9. 腎機能低下患者の場合 の巻
 10. 透析患者の場合 の巻
 まとめ

其の伍 投与後のここに注目!
 1. 投与後のモニタリング? の巻
 2. 副作用発生 の巻
 3. その結果,本当に大丈夫? の巻
 4. その抗菌薬,いつまで投与するの? の巻
 5. 熱が下がって,白血球も下がってきた…時の恐ろしさ の巻
 6. 感染症治療の新旧バイオマーカー の巻
 7. ソースコントロールはできていますか? の巻
 8. 効果があった! その基準は? の巻
 まとめ

其の六 症例にチャレンジ!症例でポイントを振り返ろう
 症例1:肺炎 の巻
 症例2:尿路感染症 の巻
 症例3:腎障害 の巻
 まとめ

資料
 1.細菌,真菌の種類
 2.主な抗菌薬・抗真菌薬一覧表
 3.Antimicrobial Stewardship(AS)を推進するために
 4.抗菌薬の配合変化と併用禁忌
 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 抗菌薬・消毒薬Q&A 第2版
  • 感染症薬物療法トレーニングブック
  • 抗菌薬サークル図データブック 点眼剤編
  • さあ はじめよう!がん患者サポート
  • 極める!副作用モニタリング
  • 感染制御標準ガイド
  • 腎臓病薬物療法ベーシック
  • 薬局・薬剤師のための 在宅緩和ケアスタートアップガイド
  • 消毒薬の選び方・使い方
  • 感染症学・抗菌薬治療テキスト
  • 抗菌薬サークル図データブック 第2版
  • 薬剤師のための臨床推論

▲ページの先頭へ