がん薬物療法マネジメントブック

立ち読み

外来治療をサポートする

がん薬物療法マネジメントブック

商品コード 48971
編著 南 博信、平井みどり/監
判型 B6変型判
発行日 2016年9月
ページ 376頁
定価(税込) ¥4,104
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●薬剤師にもできるがん薬物療法マネジメントの知識とポイント

薬剤師はチーム医療の中でその専門性を発揮することが求められています。これを実践するためには「薬」に関する知識だけでなく、患者さんとの適切なコミュニケーションによって薬物治療に関連した症状・状況を把握するとともに、検査所見など多角的な情報を基に適切な対処方法を医師と協議し提供できる「臨床能力」が不可欠です。
本書は外来がん治療をサポートするために,薬剤師が一歩進んだがん薬物療法のマネジメントをするうえで必要な知識をコンパクトにまとめた一冊です。

▲ページの先頭へ

目次

第1章 がん薬物療法における患者面談
1 総 論
2 効果的な患者面談スキル

第2章 がん薬物療法のマネジメントに役立つ情報と活用法
1 治療継続を評価するための指標

2 がん種別の特徴的な所見
 A 肺がん
 B 乳がん
 C 胃がん
 D 大腸がん
 E 膵がん
 F 卵巣がん
 G 腎がん
 H 前立腺がん
 I 悪性リンパ腫

3 検査所見
 A 有害事象のスクリーニングに役立つ検査値
 B 画像所見

4 投与量設計に役立つ指標

第3章 副作用・有害事象へのアプローチ
1 副作用
 A 悪心・嘔吐
 B 食欲不振
 C 便 秘
 D 下 痢
 E 手足症候群
 F 口内炎
 G 皮膚障害
 H 末梢神経障害
 I 高血圧

2 有害事象
 A 骨髄抑制
 B 発熱性好中球減少症
 C 腫瘍崩壊症候群
 D 薬剤性肺障害
 E アレルギー反応(インフュージョンリアクション・アナフィラキシーショック)
 F 血管外漏出
 G ニューモシスチス肺炎

3 薬剤性以外の有害事象
 A 深部静脈血栓症
 B 上大静脈症候群
 C 脊髄圧迫
 D 播種性血管内凝固症候群
 E イレウス(腸閉塞)
 F 消化管穿孔
 G 意識障害
 H 適応障害
 I うつ病
 J せん妄
 K 不 眠
 L B型肝炎ウイルス再活性化

4 がんの進行に伴う症状
 A 悪液質
 B 胸 水
 C 悪性腹水
 D 呼吸困難
 E 貧 血

▲ページの先頭へ


関連商品

  • がん薬物療法トレーニングブック
  • 緩和医療実践問題集
  • 薬局のためのがん患者ケアガイドブック
  • 全人的がん医療 がんプロフェッショナルを目指して
  • 抗がん剤業務ハンドブック
  • がん必須ポイント 第3版
  • 経口抗がん薬ハンドブック
  • 抗がん薬調製マニュアル 第3版
  • がん化学療法セーフティマニュアル
  • がんチーム医療スタッフのための がん治療と化学療法 第3版

▲ページの先頭へ