抗菌薬サークル図データブック 第3版

立ち読み

抗菌薬サークル図データブック 第3版

商品コード 50004
編著 戸塚 恭一/監
浜田 康次、坂野 昌志/編著
判型 A6横判
発行日 2017年12月
ページ 200頁
定価(税込) ¥2,808
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●抗菌薬の個性、ひと目でわかります
●さらに見やすく、わかりやすくなった待望の改訂版!

病原微生物の抗菌薬への耐性化がたびたび話題になる昨今、感染症診療において、「どの抗菌薬がどの細菌に対して効力を示すか」を知ることは大切なことです。本書は、最新の文献をもとに、各種細菌に対する抗菌薬のMIC90値をひと目でわかるように示した「サークル図」をまとめたものです。各抗菌薬のページでは、サークル図だけでなく薬剤の特性やガイドラインの推奨情報、添付文書情報、腎機能低下患者への投与量など役立つ情報が満載。読者の要望に応え、総論での耐性菌についての解説も充実させました。白衣のポケットに入るコンパクトサイズで、臨床現場で抗菌薬使用に従事する方におすすめの一冊です。


【改訂のポイントまたは役立つシーン】
・7年ぶりの改訂で、新たな文献からMIC情報を更新
・見やすさを向上させ、各薬剤の抗菌力、適応菌種、消失部位などがひと目でわかる
・総論も内容を見直し、耐性菌や新薬の解説も充実させました
 

▲ページの先頭へ

目次

第1章 総
1 抗菌薬サークル図の特徴
2 抗菌薬サークル図データブックの見方・使い方
3 細菌の構造と分類
4 臨床で問題となっている多剤耐性菌
5 感染症の原因菌の変遷と抗菌薬開発の経緯
6 主な細菌について
7 感染部位別にみた主な原因菌
8 抗菌薬の系統別特徴
9 抗菌薬耐性対策サーベイランス
10 総説の参考文献
 
第2章 抗菌薬サークル図
経口ペニシリン系薬
アモキシシリン(サワシリン)
クラブラン酸/アモキシシリン(オーグメンチン)
クラブラン酸/アモキシシリン(クラバモックス)
注射用ペニシリン系薬
アンピシリン(ビクシリン)
ピペラシリン(ペントシリン)
スルバクタム/アンピシリン(ユナシン―S)
タゾバクタム/ピペラシリン(ゾシン)
経口セフェム系薬
①第1世代セフェム系薬
セファクロル(ケフラール)
②第3世代セフェム系薬
セフジニル(セフゾン)
セフテラム・ピボキシル(トミロン)
セフポドキシム・プロキセチル(バナン)
セフチブテン(セフテム)
③新第3世代セフェム系薬
セフカペン・ピボキシル(フロモックス)
セフジトレン・ピボキシル(メイアクトMS)
注射用セフェム系薬
①第1世代セフェム系薬
セファゾリン(セファメジンα)
②第2世代セフェム系薬
セフォチアム(パンスポリン)
セフメタゾール(セフメタゾン)
フロモキセフ(フルマリン)
③第3世代セフェム系薬
・抗緑膿菌活性をもたないグループ
セフトリアキソン(ロセフィン)
ラタモキセフ(シオマリン)
・抗緑膿菌活性をもつグループ
セフタジジム(モダシン)
スルバクタム/セフォペラゾン(スルペラゾン)
④第4世代セフェム系薬
セフピロム(硫酸セフピロム静注用)
セフェピム(マキシピーム)
セフォゾプラン(ファーストシン)
カルバペネム系薬
イミペネム/シラスタチン(チエナム)
パニペネム/ベタミプロン(カルベニン)
メロペネム(メロペン)
ビアペネム(オメガシン)
ドリペネム(フィニバックス)
テビペネム・ピボキシル(オラペネム)
ペネム系薬
ファロペネム(ファロム)
マクロライド系薬
クラリスロマイシン(クラリス)
アジスロマイシン(ジスロマック)
キノロン系薬
モキシフロキサシン(アベロックス)
トスフロキサシン(オゼックス)
シプロフロキサシン・経口薬(シプロキサン)
レボフロキサシン(クラビット)
ガレノキサシン(ジェニナック)
シタフロキサシン(グレースビット)
シプロフロキサシン・注射薬(シプロキサン)
パズフロキサシン(パシル)
グリコペプチド系薬
バンコマイシン(塩酸バンコマイシン)
テイコプラニン(タゴシッド)
オキサゾリジノン系薬・ストレプトグラミン系薬
リネゾリド(ザイボックス)
キヌプリスチン/ダルホプリスチン(シナシッド)
環状リポペプチド系薬
ダプトマイシン(キュビシン)
アミノグリコシド系薬
アルベカシン(ハベカシン)
トブラマイシン(トブラシン)
アミカシン(アミカシン硫酸塩注射液「日医工」
ⅩⅢ モノバクタム系薬・ホスホマイシン系薬・テトラサイクリン系薬・グリシルサイクリン系薬・リンコマイシン系薬
アルベカシン(ハベカシン)
抗菌薬サークル図(薬剤情報)の参考文献
 
主な菌種の抗菌薬感受性

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 感染症学・抗菌薬治療テキスト 第2版
  • 感染症治療のエッセンス&ピットフォール
  • AMR対策につながる 抗菌薬の使い方実践ガイド
  • 4ステップ 臨床力UPエクササイズ ⑤感染症領域
  • 薬局・薬剤師のための抗菌薬攻略ガイド
  • 抗菌薬おさらい帳
  • 感染制御標準ガイド
  • 感染症非専門医・薬剤師のための 感染症コンサルテーション
  • 消毒薬の選び方・使い方
  • 感染症薬物療法トレーニングブック
  • 抗菌薬・消毒薬Q&A 第2版
  • 抗菌薬サークル図データブック 点眼剤編

▲ページの先頭へ