認知症に関わろうと思いながら なかなか踏み出せずにいた薬剤師が そろそろ本気で一歩を踏み出すための実践書!

調剤と情報2017年8月増刊号(Vol.23 No.12)

認知症に関わろうと思いながら なかなか踏み出せずにいた薬剤師が そろそろ本気で一歩を踏み出すための実践書!

商品コード 94288
編著 三輪 高市(鈴鹿医療科学大学薬学部教授)/編
判型 B5判
発行日 2017年8月
ページ 160頁
定価(税込) ¥2,484
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●認知症にもっと積極的に関わりたいと考えている方に
●在宅訪問はしているものの物足りなさを感じている方に

認知症患者に対する地域支援が推進されるなか、2015年に策定された「新オレンジプラン」では、認知症の早期診断・早期対応のための体制整備の一環として、「薬剤師の認知症対応力向上」が新たに盛り込まれました。
認知症ケアにおける薬剤師の活躍に期待が高まるとともに、薬局店頭・在宅での精力的な取り組みが各地でみられるようになりましたが、一方で、具体的に何から手を付けていいかわからず、一歩を踏み出せずにいる薬局・薬剤師も多いのが現状です。
本増刊号は、そうした薬局や薬剤師が一歩踏み出すための実践ガイドとして企画しました。総花的に認知症の症状や治療法を解説するのではなく、あくまでも「薬剤師が知っておくべきこと」「知っておくことで認知症への介入に活かせること」に重点を置いた内容となっています。

▲ページの先頭へ

目次

Introduction 専門医が教える 「認知症」の常識・非常識

Part1 臨床ではこう考える 認知症治療の基本
 1)適切に理解しておきたい 認知症の症状と治療の進め方
 2)おさらい 抗認知症薬のプロフィール
 3)症例から考える 各抗認知症薬の使い分け
 4)認知症患者に用いられる その他の薬剤の使い方

Part2 薬剤師として実践したい 服薬の支援と管理
 1)きちんと説明したい 抗認知症薬の役割
 2)薬局でできる 薬効の評価と副作用モニタリング
 3)薬局店頭&在宅で実践できる 服薬コンプライアンス向上のコツ

Part3 知っておきたい 早期発見と介入のポイント
 1)的確な早期発見のために 知っておきたい認知症の検査と診断
 2)「認知症の疑い」にどう踏み込む? 薬局でできる早期発見と早期対応

Part4 薬局店頭&在宅で! 認知症ケア 全国の取り組み

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 調剤と情報[年間購読]<送料当社負担>
  • 認知症 気づけるわかるケアできるQ&A50
  • 薬剤師のための認知症ケアガイドブック
  • うつ病パーフェクトガイド
  • 認知症の治療とケア 第2版
  • OPRS-Ⅳ 客観的精神科評価尺度ガイド
  • 精神科の薬と患者ケアQ&A  第3版 
  • 患者さんに説明できるうつ病治療
  • 精神科薬物療法トレーニングブック
  • 精神科薬物治療の支援
  • MADRSを使いこなす
  • 認知症の治療・ケアガイド

▲ページの先頭へ