PHARM TECH JAPAN 2013年10月号[Vol.29 No.12]

立ち読み

PHARM TECH JAPAN 2013年10月号[Vol.29 No.12]

商品コード 92368
編著
判型 A4変形判
発行日 2013年10月
ページ
定価(税込) ¥2,052
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

 ファームテクジャパン10月号では、ICH Q7に関する実施作業部会(ICH Q7-IWG)から、6月に開催されたBrussels会議の結果について報告をいただいています。また、これからの医薬品開発の新しい戦略として期待されるドラッグリポジショニング(DR)について解説をいただきました。DRは既存の医薬品の適応拡大や、開発が頓挫した薬物を新たな手法で開発する戦略です。国内外でのDRの状況や、実際にDRによって開発された医薬品の例と、今後の医薬品開発の道筋を示しています。
 

▲ページの先頭へ

目次

ARTICLES
■乳化製剤の処方設計-化粧品からみた乳化技術の進歩と将来展望-/岡本 亨
■超高速直打への挑戦-3K会プロジェクト報告-
/槇野 正,藤田完治,小根田好次,大生和博,本田洋介,熊谷忠浩
■ICH Q7-IWG:Brussels会議について/寶田哲仁  
■ドラッグリポジショニングが拓く21世紀型の創薬研究/水島 徹
■“ 最初から適切な製品設計”コンセプトとワークフロー(前編)スマート&リーン・シックスシグマ製品開発へのパラダイムシフト
/ハンス ロウエンバーガー,マキシム プチコフ,ベルンハルト シュナイダー,(訳)木村 豪
■微生物試験法Q&A-現場の困った! に答える誌上セミナー-質問募集(3)/棚元憲一,佐々木次雄
■PIC/Sと製薬用水(2)/布目 温
■大分大学先端分子イメージングセンターにおけるPET薬剤の無菌性保証/矢野恒夫,他
■【高薬理活性製剤工場の設計,製造機械の特徴/導入のポイント(第6回)】
無菌封じ込めの充填設備の設計概念/黒田毅彦
■【医薬品添加物基礎講座(第10回)】
医薬品添加剤の崩壊剤としてのカルメロースカルシウム,カルメロースの崩壊機構の違いと応用例/植田雅志
■Bio-Process System Alliances主催 International Single-Use Summit 2013(ISUS 2013)参加報告/粟津洋寿
■【バイオ医薬製造技術シリーズ】自動化マイクロスケールバイオリアクターを使用した
mAb治療薬の製造コストの削減/尾登靖司,Sunil Chhatre
■【核酸医薬の新潮流(第7回)】核酸医薬品の特許/山本秀策
■【医薬品リスク管理計画の実際(第5回)】リスク管理計画における安全性監視計画/久保田 潔
■投資すべきか否か-新技術に関する戦略的意思決定の話/Christian Elze  
■アドヒアランス包装の増加傾向と製造への影響
/John W. Musaus and Mel Bahr,(監修)川上浩司,(翻訳)高林信能
■製剤研究者が注目する一押しトピック
■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.72)/津田重城,最上紀美子  


REPORT
■BioJapan2013が10月9~11日,パシフィコ横浜で開催
■テバ製薬 高山工場-世界最大規模,最新設備工場で高品質医薬品を製造へ-


INTERVIEW
■レギュラトリーサイエンスの研究を通じて臨床開発・薬事担当者および承認審査担当者を養成
武蔵野大学薬学部・大学院薬科学研究科 薬学研究所,レギュラトリーサイエンス研究室 特任教授 豊島 聰氏
■大森機械工業株式会社-「さくら工房」で新たなモノづくり+人材育成に挑戦-


Study of GMP
■【図解で学ぶPIC/S GMP(製剤)第10回】製造-1/榊原敏之


製剤技術
■【製剤と粒子設計】放射光X線コンピュータートモグラフィー法による
薬物含有微粒子製剤の内部構造解析/野口修治,岩尾康範,板井 茂


●行政ニュース
医薬品産業ビジョン
●News Topics
●New PRODUCTS
◆次号予告
■World News Topics
ガイダンス関連,GMP関連,製剤技術関連,原薬関連,警告書関連

▲ページの先頭へ

次号案内

ARTICLES
■ナノファイバーメッシュの開発 荏原充宏(物質・材料研究機構)
■ICH Q3D 金属不純物の品質管理に関する課題と今後の取組み
植西祐子(大日本住友製薬)
■微生物試験法Q&A―現場の困った!に答える誌上セミナー(第1回)
関口道子(日本食品分析センター),他
■【バイオ医薬製造技術シリーズ】
小胞体ストレス応答を利用した抗体医薬品の生産性向上
西宮大祐(第一三共)
■【核酸医薬の新潮流 第8回】核酸医薬をめぐる規制の動向
荒戸照世(北海道大学)
■医薬品添加物基礎講座(第11回) 横溝 純(メグレ・ジャパン)
■高薬理活性製剤工場の設計,製造機器の特徴/導入のポイント(第7回)
無菌アイソレータ 川﨑康司(エアレックス)
■製剤にも活かせる微粒子の化学工学 第7章(最終回)
宇宙へ飛び出す微粒子操作 篠原邦夫(微粒子化学工学研究所)
■PIC/Sと製薬用水(3) 布目 温(布目技術士事務所)
■【連載】医薬品医療機器レギュラトリーサイエンスニュース(No.73)
津田重城,最上紀美子(医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団)
■製剤研究者が注目する一押しトピック


Study of GMP
■図解で学ぶPIC/S GMP(第11回)
榊原敏之(ジーエムピーコンサルティング)


製剤技術
■【製剤と粒子設計】超高速撹拌混合機を用いた苦味マスキング即放性粒子の
調製 坂本宜俊(松山大学)


その他
・行政ニュース  ・News Topics
・New Products  ・World News Topics
 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • PHARM  TECH  JAPAN[年間購読]<送料当社負担>
  • PHARM TECH JAPAN 2017年11月号[Vol.33 No.14]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年10月号[Vol.33 No.13]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年9月号[Vol.33 No.11]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年8月号[Vol.33 No.10]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年7月号[Vol.33 No.9]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年6月号[Vol.33 No.8]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年5月号[Vol.33 No.7]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年4月号[Vol.33 No.5]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年3月号[Vol.33 No.3]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年2月号[Vol.33 No.2]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年1月号[Vol.33 No.1]

▲ページの先頭へ