PHARM TECH JAPAN 2013年11月号[Vol.29 No.13]

立ち読み

PHARM TECH JAPAN 2013年11月号[Vol.29 No.13]

商品コード 92369
編著
判型 A4変形判
発行日 2013年11月
ページ
定価(税込) ¥2,052
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

 ファームテクジャパン11月号では、ICH Q3D(金属不純物)ステップ2bガイドラインについて解説をいただきました。本ガイドラインは現在、パブリックコメントを募集中です(2013年11月29日まで)。本ガイドラインの作成を機にQ3D厚生労働科学研究班会議も発足しており、今後の動向が注目されます。また、「微生物試験Q&A 現場の困った!に答える誌上セミナー」が開始しました。実務の中で生まれる疑問について専門家の先生にご回答をいただいています。

 

▲ページの先頭へ

目次

ARTICLES
■ICHQ3Dステップ2bガイドライン
-医薬品中の金属不純物の品質管理に関する課題と今後の取組み-/植西祐子
■微生物試験法Q&A-現場の困った!に答える誌上セミナー(第1回)
/関口道子
■がん治療のためのナノファイバーメッシュの開発/荏原充宏
■【製剤にも活かせる微粒子の化学工学(最終回)】
第7章 宇宙へ飛び出す微粒子操作/篠原邦夫
■“最初から適切な製品設計”コンセプトとワークフロー(後編)スマート&リーン・シックスシグマ製品開発へのパラダイムシフト
/ハンスロウエンバーガー,マキシムプチコフ,ベルンハルトシュナイダー,(訳)木村豪
■【バイオ医薬製造技術シリーズ】
抗体相互作用因子および小胞体ストレス応答因子を用いた抗体医薬品の生産性向上/西宮大祐
■【核酸医薬の新潮流(最終回)】核酸医薬をめぐる規制の動向/荒戸照世
■【医薬品添加物基礎講座(第11回)】乳糖/横溝純
■PIC/Sと製薬用水(3)/布目温
■プロセスバリデーション基準の比較/JeffBoatman/(監修)川上浩司/(翻訳)中山真子
■【企業経営と知的財産(第5回)】発明の発表が特許戦略に与える影響/宇佐見弘文
■製剤研究者が注目する一押しトピック
■医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団ニュース(No.73)/津田重城,最上紀美子


INTERVIEW
■昆虫の資源を未来の医療へ-アルツハイマー治療薬の開発に挑む
岩手大学特任教授,名誉教授・鈴木幸一氏
■マレーシアのハラル認証から世界20億人の市場に進出を
マレーシアハラルコーポレーション代表取締役アクマルアブハッサン氏に聞く


REPORT
■信越化学工業とフロイント産業が口腔内崩壊錠用の直打用賦形剤「SmartExTM」を共同開発
■大塚倉庫が医薬品分野の外販を強化-経験とアイデアから生まれる新しい医薬品物流-
■藤森工業三重事業所-製薬メーカー並みのGMP適合サプライヤを目指す


Study of GMP
■【図解で学ぶPIC/SGMP(製剤)第11回】
PIC/SGMPガイドラインをベースにして-製造-2-/榊原敏之


製剤技術
■【製剤と粒子設計】超高速撹拌混合機を用いた
苦味マスキング即放性粒子の調製/坂本宜俊


●行政ニュース
予防接種B型肝炎事件で提言
●NewsTopics
●NewPRODUCTS
◆次号予告
■WorldNewsTopics
ガイダンス関連,GMP関連,製剤技術関連,原薬関連,警告書関連

▲ページの先頭へ

次号案内

ARTICLES
■分子イメージング手法を用いた創薬プロセスの革新-その3-
矢野恒夫(住友重機械工業)
■「製剤開発の世界潮流と今後の日本」の発刊にあたり
橋田 充(京都大学)
■微生物試験法Q&A-現場の困った!に答える誌上セミナー(第2回)
関口道子ほか(日本食品分析センター)
■本格的コンテインメント工場における封じ込め能力評価に向けたアプローチと
その考察 平澤大介(中外製薬工業)
■【医療機器の品質マネジメントシステム(第3回)】
医療機器のリスクマネジメントと設計開発プロセス(その1)
飯田隆太郎(サクラ精機)
■医薬品添加物基礎講座(第12回) 田中 晋(日油株式会社)
■【高薬理活性製剤工場の設計,製造機器の特徴/導入のポイント(第7回)】
無菌アイソレータ 川﨑康司(エアレックス)
■サクラミルS2モック(第7回)
奥田晴宏(国立医薬品食品衛生研究所)
■FIPレポート 増本直子(京都大学)
■【連載】医薬品医療機器レギュラトリーサイエンスニュース(No.74)
津田重城,最上紀美子(医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団)
■製剤研究者が注目する一押しトピック


Study of GMP
■図解で学ぶPIC/S GMP(第12回)
榊原敏之(ジーエムピーコンサルティング)


製剤技術
■【製剤と粒子設計】生命分子ならびにそのモチーフを利用する分子集積構造の設計と機能 君塚信夫(九州大学)


その他
●行政ニュース ●News Topics
●New Products ●World News Topics

▲ページの先頭へ


関連商品

  • PHARM  TECH  JAPAN[年間購読]<送料当社負担>
  • PHARM TECH JAPAN 2017年11月号[Vol.33 No.14]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年10月号[Vol.33 No.13]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年9月号[Vol.33 No.11]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年8月号[Vol.33 No.10]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年7月号[Vol.33 No.9]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年6月号[Vol.33 No.8]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年5月号[Vol.33 No.7]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年4月号[Vol.33 No.5]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年3月号[Vol.33 No.3]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年2月号[Vol.33 No.2]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年1月号[Vol.33 No.1]

▲ページの先頭へ