月刊薬事2013年10月号(Vol.55 No.11)

立ち読み

月刊薬事2013年10月号(Vol.55 No.11)

【特集】ジェネリックの疑問がわかる!――サイエンスから選択のポイントまで

商品コード 93463
編著
判型 A4変型判
発行日 2013年10月
ページ
定価(税込) ¥2,160
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

 厚生労働省は今年4月、2017年度までの5年間でジェネリック医薬品の数量シェア60%以上を目指す使用促進のロードマップを示すなど、現在はジェネリックの一層の普及に向けた過渡期にあると言えます。このような状況において、薬剤師にはその職能としてジェネリック医薬品を誰よりも理解し、医療関係者や患者からの理解を得ながら、その適切な普及を図ることが求められます。しかしながら、依然としてジェネリック医薬品についてすべての薬剤師が適切に理解しているとは言いがたく、大きく分ければ、生物学的同等性、不純物、有効性・安全性に対する誤解が散見されます。そのため、本企画では、薬剤師にジェネリックに対する適切な理解を深めていただくことを目的として、ジェネリックに関する諸テーマについて体系的に解説します。

▲ページの先頭へ

目次

 【特集】ジェネリックの疑問がわかる!――サイエンスから選択のポイントまで

 

■特集にあたって     
有山 良一
■経口製剤の臨床上の同等性を確保するためのサイエンス        
緒方 宏泰
■外用製剤の同等性確保のためのサイエンス           
山内 仁史
■ジェネリック医薬品品質情報検討会ではどのような検証を行ってきたか      
四方田千佳子
■ジェネリック医薬品の評価・選択のポイント――病院の場合      
小池 博文
■ジェネリック医薬品の評価・選択のポイント――保険薬局の場合
竹内 大悟
■押さえておきたいバイオ後続品の基本と特徴          
久保山 剛
■独自技術による付加価値ジェネリック
 
●ジェネリックで進化する口腔内崩壊錠  
山原 弘
●ODフィルム剤の開発とその特徴        
永田 清則
●調剤上の利便性,服薬アドヒアランスを向上させるドライシロップ           
木下 裕之
●抗がん剤の曝露対策        
胡内 雅代
●医療安全の向上に寄与する包装        
梅木 祐仁
●識別性を向上した錠剤両面印刷         
久松 栄一
 
 
取 材
●フロントページ 外来患者を支える診療所薬剤師の活躍①       
北海道医療大学歯科内科クリニック(北海道石狩郡)/榊原記念クリニック(東京都)
●この人に聞く 点眼剤の費用対効果を分析             
池田 博昭氏(広島大学病院 臨床研究部 薬剤部・臨床試験支援(管理担当))
●レポート
 
‐時代の転換点で薬剤師の原点と未来をみつめる        日本病院薬剤師会関東ブロック第43回学術大会(新潟市)
‐病棟薬剤業務をDI活動から支援            第16回日本医薬品情報学会学術大会(名古屋市)
 
 
薬事Up-to-Date
●海外文献紹介      
門脇 大介,平田 純生/木村 利美,木村 友絵/谷知 正章
●クリニカルスタディレビュー     
羽石 達生
●ニュースレター
 
 
連 載
●実際どうなの?臨床推論――思考するためのプチ知識[10]    
川口 崇,岸田 直樹
●適応外使用の処方せんの読み方[41]
HTLV-1関連脊髄症(HAM)      
藤原 豊博
●RMPで変わる 医薬品安全対策[5]
製薬企業によるRMPの実践     
慶徳 一浩
●時めき臨床研究[10]
研究デザインの型(前編)         
福間 真悟,大西 良浩,福原 俊一,渡部 一宏,関根 祐子
●感染症医が教える“新”薬剤師力臨床感染症ケースファイル[12]
院内細菌性髄膜炎   
岸田 直樹
●症状と対処の仕方がわかる!抗がん薬副作用とマネジメント[8]
肺がん(非小細胞肺がん)ゲフィチニブ単独療法とエルロチニブ単独療法    
吉村 知哲
●精神科領域の評価尺度を使いこなす[7]
社交不安障害の重症度評価――リーボヴィッツ社交不安尺度(L-SAS)        
稲田 俊也,山本 暢朋,遠藤 洋
●よくわかる漢方薬講座――処方意図と服薬指導のポイント[10]
皮膚科領域(アトピー性皮膚炎) 
小林 裕美,緒方 千秋
●処方せん疑義照会トレーニング[7]
下肢整形外科手術後患者の処方             
須藤 貴博,関根由香理
●臨床の“困った”に応える病院薬局製剤[21]
口内炎に用いるADフィルム     
山村 恵子
●症例報告――専門薬剤師の薬学的ケア
 
‐がん:化学療法による食欲低下に六君子湯が有効であった症例  
岩坪沙奈恵
‐妊婦・授乳婦:妊娠期に不安症状が認められた不安神経症患者への薬剤師の関わり   
鈴木亜矢子
‐NST:摂食障害Wilson病患者への経口摂取に向けたNSTの一症例          
檜山 裕美
●海外の新薬審査情報を読み解く[22]
ペルツズマブ(Pertuzumab)       
野村 香織
 
 
トピックス
●聖マリアンナ医科大学病院薬剤部はどのようにして成長してきたか(後編)
臨床で活躍できる薬剤師を育成する          
増原 慶壮
 
 
その他
●愛読者アンケート&プレゼント
●次号予告・編集部より

 

 

▲ページの先頭へ

次号案内

【特集】がん患者の精神症状へのアプローチ

◆オーガナイザー:上村 恵一(市立札幌病院精神医療センター副医長)

■特集にあたって
■がん患者にみられる精神症状のアセスメント
■がん患者にみられる通常の心理反応と精神疾患
●通常の心理反応
●がん患者にみられる不眠
●がん患者の適応障害とうつ病
●がん患者のせん妄
●死にたいと訴える患者
●怒りや否認へのアプローチ
■薬物動態からみた,がん医療における精神神経用薬の使い分け
■製剤学的特徴や剤形からみた,がん医療における向精神薬の使い分け
■薬剤師が関わった向精神薬への介入の実践
●症例①
●症例②
 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事[年間購読]<送料当社負担>
  • 月刊薬事2017年11月号(Vol.59 No.15)
  • 月刊薬事2017年10月号(Vol.59 No.13)
  • 月刊薬事2017年9月号(Vol.59 No.12)
  • 月刊薬事2017年8月号(Vol.59 No.11)
  • 月刊薬事2017年7月号(Vol.59 No.9)
  • 月刊薬事2017年6月号(Vol.59 No.8)
  • 月刊薬事2017年5月号(Vol.59 No.7)
  • 月刊薬事2017年4月号(Vol.59 No.5)
  • 月刊薬事2017年3月号(Vol.59 No.4)
  • 月刊薬事2017年2月号(Vol.59 No.3)
  • 月刊薬事2017年1月号(Vol.59 No.1)

▲ページの先頭へ