調剤と情報2013年1月号[vol.19 No.1]

立ち読み

調剤と情報2013年1月号[vol.19 No.1]

【特集】地域医療連携への第1歩 薬薬連携を深める

商品コード 94221
編著
判型 A4変型判
発行日 2013年1月
ページ
定価(税込) ¥1,685
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

 

 

【特集】 地域医療連携への第1歩 薬薬連携を深める


 2013年1月号の特集は「薬薬連携」を取り上げました。以前より各種モデル事業も行われており、決して新しいテーマではありません。しかし、地域医療連携や多職種連携に進むための第1歩こそ、古くて新しい薬薬連携なのではないでしょうか。
本特集では、全国の執筆者がどのような点に苦労して薬薬連携を築き上げてきたのか、さらにどうやって多職種連携へと発展させようとしているのか、連携を進めるうえでのヒントをお伝えします。 2013年は第6次医療法改正が予定されています。この改正によって、薬局がどのように位置づけられるのか、医療計画はどのように変わっていくのか、注視していきたいものです。さまざまな連携がさらに進められるのは間違いなく、その意味でも薬薬連携を広げることの重要性をご理解いただきたいと思います。

 新連載もスタートしました。1つは「処方・調剤・保険請求Q&A ビギナーズ」。第1回は「調剤基本料」です。保険処方せんを取り扱ううえで非常に基本的な点数でありながら、該当区分の見直しは1年に1回。日常業務ではあまり気にしない方が多いかも知れませんが、これを機に改めて確認してみませんか? 日本臨床腫瘍薬学会が編集する「処方せんから考える がん患者 服薬指導スタートアップ講座」は、薬局に持ち込まれる抗がん薬を含む処方せんを取り上げ、「患者を知る」、「服薬指導のポイント」、「副作用のポイント」の切り口からがん薬物療法を学びます。処方せんだけではがん患者の服薬指導が十分にできないとあきらめる前に、ぜひご一読ください。

 

▲ページの先頭へ

目次

【特集】 地域医療連携への第1歩 薬薬連携を深める

 

◆薬薬連携をさらに進めるために  三浦 洋嗣 12
◆お薬手帳の活用に向けて 病院と薬局が連携  富士谷 昌典,町谷 安紀 16
◆オープンセミナー開催で薬薬連携から多職種連携へ  上地 小与里 20
◆がん患者を薬局がサポート よろず相談薬局の取り組み  岡田 国一,加藤 剛 24
◆病院から薬局へ 検査値情報提供の試み  五十嵐 敏明,中村 敏明,政田 幹夫 30
◆在宅緩和ケアの試み 医療連携が地域に根づくまで  佐藤 益男 34
◆退院時共同服薬指導モデル事業で患者情報を共有  勝山 千男,中野 道雄 40


●今月の話題 9
医療と消費税 日本薬剤師会
●処方・調剤・保険請求のQ&A 44
日本薬剤師会
●新連載  処方・調剤・保険請求のQ&A ビギナーズ ? 46
調剤基本料 日本薬剤師会

ひゅーまん2013 3
 福島の子どもたちに何ができるのだろうか
武政 文彦 氏

●ガイドラインを薬局店頭で活かす  49
バセドウ病治療ガイドライン   小澤 安則
●新連載  処方せんから考える
がん患者 服薬指導スタートアップ講座  67
カペシタビン錠を含む処方せん①
日本臨床腫瘍学会 編,佐藤 誠志,板垣 文雄
●赤羽根先生に聞いてみよう
薬局トラブル こんなときどうする?  73
薬の取り違えでクレームが!
薬剤師のとるべき対応は?   赤羽根 秀宜
●患者のココロ 薬剤師のココロエ  75
コモンディジーズの患者のココロのものさし
睡眠障害を例にして   西根 英一
●薬局ヒヤリ・ハットなくし隊がゆく  81
外用薬と内用薬の薬情の違いとは?   澤田 康文
●さらなる疑問を解決! PMDA 使いこなし術  87
情報を使いやすく加工しよう!   笠原 英城
●てんびんさんのひとりごと  92
患者の暮らしに医療はどれだけ添うことができるか
佐伯 晴子
●新薬くろ?ずあっぷ 142  95
ザーコリカプセル200mg,250mg
鈴木 賢一,濱 敏弘
●目からウロコの調剤技術  105
錠剤のばらし時の工夫と便利グッズ   川上 賢介
●薬を極めて服薬指導  109
クエチアピンフマル酸塩(1)   国重 敦子,堀 美智子
●新連載  なべさんの医薬分業太平記  118
曙光      渡辺 徹
●セルフメディケーションQ&A  121
外皮用薬の適正使用(1)
鍋島 俊隆,医薬品適正使用推進機構 Q&A 委員会

【付録】 ひと目でわかる! お薬カード
プロトンポンプ阻害薬(PPI) 浜田 康次

▲ページの先頭へ

次号案内

【特集】

   医療医安全と適正な医療のための残薬確認・管理

 

◆ 残薬確認・管理の意義と薬剤師の役割

◆ 薬局点等における残薬確認・管理

◆ 在宅における残薬確認・管理

◆ 残薬をめぐる諸問題

 

≪連載≫

 処方せんから考える

 がん患者服薬指導スタートアップ講座

 新薬くろーずあっぷ

 目からウロコの調剤技術

 薬を極めて服薬指導

 ガイドラインを薬局店頭で活かす

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 調剤と情報[年間購読]<送料当社負担>
  • 調剤と情報2017年11月号[vol.23 No.15]
  • 調剤と情報2017年10月号[vol.23 No.14]
  • 調剤と情報2017年9月号[vol.23 No.13]
  • 調剤と情報2017年8月号[vol.23 No.11]
  • 調剤と情報2017年7月号[vol.23 No.10]
  • 調剤と情報2017年6月号[vol.23 No.8]
  • 調剤と情報2017年5月号[vol.23 No.7]
  • 調剤と情報2017年4月号[vol.23 No.6]
  • 調剤と情報2017年3月号[vol.23 No.4]

▲ページの先頭へ