PHARM TECH JAPAN 2012年1月臨時増刊号[Vol.28 No.2]

PHARM TECH JAPAN 2012年1月臨時増刊号[Vol.28 No.2]

すべてがわかる 口腔内崩壊錠ハンドブック

商品コード 92344
編著 PLCM(耕薬)研究会/編
判型 A4変形判
発行日 2012年1月
ページ 300
定価(税込) ¥7,020
在庫 品切れ

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

本臨時増刊号は、近年、高齢者や嚥下困難な患者に適した剤形として、またPLCM(耕薬:Product Life Cycle Management)の一環として注目を集め、さらに第16改正日本薬局方で製剤総則にも収載された口腔内崩壊錠に焦点をあて、製剤設計、製剤機器、添加剤など口腔内崩壊錠の誕生をサポートしている多岐にわたる技術のほか、臨床現場での評価や開発の変遷なども交えて解説しています。本臨時増刊号の編集をいただきましたPLCM研究会は口腔内崩壊錠などをテーマに平成19年1月末に第1回シンポジウムを開催し、平成24年1月30日には第6回シンポジウムが開催されますが、それを記念し、これまでのシンポジウムで講演された内容を中心に本臨時増刊号として「口腔内崩壊錠のすべてがわかるハンドブック」として発刊することになりました。

【構成】
第1章 口腔内崩壊錠の潮流
第2章 口腔内崩壊錠のポジショニング
第3章 口腔内崩壊錠主流への道
第4章 口腔内崩壊錠の技術
第5章 口腔内崩壊錠を支える添加剤,機器,委受託

▲ページの先頭へ

目次

本臨時増刊号は、近年、高齢者や嚥下困難な患者に適した剤形として、またPLCM(耕薬:Product Life Cycle Management)の一環として注目を集め、さらに第16改正日本薬局方で製剤総則にも収載された口腔内崩壊錠に焦点をあて、製剤設計、製剤機器、添加剤など口腔内崩壊錠の誕生をサポートしている多岐にわたる技術のほか、臨床現場での評価や開発の変遷なども交えて解説しています。本臨時増刊号の編集をいただきましたPLCM研究会は口腔内崩壊錠などをテーマに平成19年1月末に第1回シンポジウムを開催し、平成24年1月30日には第6回シンポジウムが開催されますが、それを記念し、これまでのシンポジウムで講演された内容を中心に本臨時増刊号として「口腔内崩壊錠のすべてがわかるハンドブック」として発刊することになりました。

【構成】
第1章 口腔内崩壊錠の潮流
第2章 口腔内崩壊錠のポジショニング
第3章 口腔内崩壊錠主流への道
第4章 口腔内崩壊錠の技術
第5章 口腔内崩壊錠を支える添加剤,機器,委受託

▲ページの先頭へ


関連商品

  • PHARM  TECH  JAPAN[年間購読]<送料当社負担>
  • 改正薬事法における医薬品販売制度
  • 早わかり改正薬事法のポイント
  • PHARM TECH JAPAN 2013年4月臨時増刊号[Vol.29 No.5]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年11月号[Vol.33 No.14]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年10月号[Vol.33 No.13]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年9月号[Vol.33 No.11]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年8月号[Vol.33 No.10]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年7月号[Vol.33 No.9]
  • PHARM TECH JAPAN 2017年6月号[Vol.33 No.8]

▲ページの先頭へ