これからの薬局開設・経営戦略ハンドブック

これからの薬局開設・経営戦略ハンドブック

商品コード 44300
編著 戸口 つとむ(あさひ経営総合研究所取締役・首席研究員,日本医療ビジネス・コンサルタント協会専務理事)/監修
佐川 賢一(大和中央薬局,前 東京女子医科大学病院薬剤部長)/編著
判型 A5判
発行日 2013年3月
ページ 130
定価(税込) ¥2,160
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

本書では、薬局の開設・経営で遭遇するさまざまな問題を解決するためのヒントをQ&A形式でまとめました。豊富な事例を盛り込み、わかりやすい1冊となっています。また、付録では、薬局開設・薬局経営で押さえておくべきキーワードを経営コンサルタントの視点から解説。今後の薬局開設を検討している方に、お役立ていただける1冊です。 

▲ページの先頭へ

目次

◇総論

1.医薬分業の現状,将来
2.患者動向の現状,将来
3.医療行政の現状,将来
4.調剤報酬の現状,将来
5. 薬剤師の需要と供給
6.薬局開設に伴う経費
7.薬局経営の基本的な考え方
 
◇薬局の開設・経営Q&A
Q1.新店舗の開設を検討する際に気をつけるポイントは?
Q2.マーケティング・リサーチの方法は?
Q3.店舗づくりで工夫するポイントは? 
Q4.経営理念を設定する際のポイントは?
Q5.リスク管理体制の整備のポイントは?
Q6.応需処方せん枚数を増やすには?
Q7.処方せん単価の考え方は?
Q8.医薬品購入コストを低減するには?
Q9.卸の選択をコスト低減に活かすには?
Q10.医薬品の在庫コストを削減するには?
Q11.調剤消耗品費を削減するには?
Q12.給与費を低減するには?
Q13.その他の費用を削減するには?
Q14.調剤への依存度を下げるには?
Q15.来局者サービスを向上させるには?
Q16.接遇を改善するには?
Q17.来局者への情報提供を改善するためのポイントは?
Q18.薬局外の活動で地域に貢献するには?
Q19.患者アンケート実施時の留意点は?
Q20.資質の高い薬剤師を育成するには?
Q21.スタッフのモチベーションを上げるには?
Q22.勉強会開催の効果は?
Q23.フィジカルアセスメントを実践するまでの流れは?
 
◇付録
薬局開設・経営のキーワード

 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 2025年の薬局・薬剤師
  • 保険調剤Q&A 平成28年版
  • 体調チェック・フローチャート 解説と活用 第2版
  • 在宅療養の薬学的謎解き
  • 調剤と情報[年間購読]<送料当社負担>
  • かかりつけ薬剤師の対人業務入門
  • 薬局が変われば地域医療が変わる

▲ページの先頭へ