DPCデータの分析手法と活用

明日の医療に活かす

DPCデータの分析手法と活用

商品コード 40647
編著 北海道大学病院特任准教授 藤森研司,産業医科大学医学部教授 松田晋哉/編
判型 B5判
発行日 2010年1月
ページ 148
定価(税込) ¥2,376
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容


●よりよい医療へ向けて、DPC患者分類とデータがいかに活用できるか、
 その本質を解き明かす!!!

 本書は、DPCデータの分析手法とその活用における考え方や実際の処理手順、ノウハウについて、現実の病院運営における即戦力として役立てるよう、わかりやすく、具体的に記述しています。また、厚生労働省DPC研究班メンバーをはじめ、DPC分析用ソフトウェア開発関係者、病院で実際にDPCデータ分析を行っている実務者を揃えた執筆陣で、医療機関のDPC分析に第一線で携わる方に有用な参考書となっています。

 

▲ページの先頭へ

目次

【目次】
1章 DPCデータの本質
2章 診療特性の分析
3章 パス分析の理論
4章 新規パス作成ならびにパス精緻化への応用
5章 変動費分析
6章 臨床評価指標の作成
7章 周術期の抗菌剤分析
8章 臨床研究への応用
9章 病院グループによる利用可能性
10章 地理空間情報の活用
11章 院内データとのリンクによる分析
12章 MEDI-ARROWSの多彩な機能
 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • DPC対応 原価計算と標準治療計画の評価
  • DPC対応 医療サービスの評価のための臨床指標の応用
  • 臨床医のためのDPC入門 第2版 -Q&Aで学ぶDPCの基礎知識120
  • DPCデータ分析 アクセス・SQL活用編
  • がん化学療法ポートフォリオ
  • DPCデータの臨床指標・病院指標への活用
  • 診療情報管理士の実務Q&A
  • 地域病院ポートフォリオ

▲ページの先頭へ