日本の新薬変遷史(CD-ROM)

日本の新薬変遷史(CD-ROM)

商品コード 31616
編著 薬学博士 深井三郎/編著
判型 CD
発行日 2003年9月
ページ
定価(税込) ¥30,780
在庫 在庫僅少につきお問い合わせください

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

アスピリンは、いつ発売され、剤形追加、効能追加されたのはいつだろう?、抗生物質の第一世代、第二世代と移り変わる経緯が知りたい-そんな疑問に答える、日本の医薬品の履歴書です。本CD-ROMでは、2003年9月時点での新薬や、開発中の薬剤をはじめ、その役割を終えた薬剤や、市場から消えた医薬品等、過去100年間分のデータを収録。医薬品の変遷を経時的に閲覧できます。発売以降の新知見による効能の追加についても、年号と共に内容も記載。近代医薬品のライフサイクルを整理し、新薬出現の必然性とその社会的背景も理解できる医薬品の解説版です。対応システムはWindows98/2000/Me/XP/NT4.0(Service Pack5以降)。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 日本医薬品集DB  2017年10月版(Win&Mac対応CD-ROM)
  • 連動型/写真付薬剤情報印刷システム 2017年9月版
  • 写真付/服薬指導CD-ROM 2017年9月版
  • 英文版 医薬品製造販売指針2016 CD-ROM
  • 医薬品製造販売指針 製薬関係通知集 2016 DVD-ROM
  • 注射薬写真集 CD-ROM 2001

▲ページの先頭へ