月刊薬事2017年1月号(Vol.59 No.1)

立ち読み

月刊薬事2017年1月号(Vol.59 No.1)

これなら私にもできる! TDMを活かすTips教えます

商品コード 93509
編著
判型 A4変型判
発行日 2017年1月
ページ 190
定価(税込) ¥2,160
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●特集 これなら私にもできる! TDMを活かすTips教えます

企画:村木優一、奥田真弘(三重大学医学部附属病院薬剤部)

 治療薬物モニタリング(TDM)は、臨床の薬剤師が身につけておきたいスキルの一つですが、病院の環境やマンパワー不足などから必ずしもすべての薬剤師が理解しているとはいえない現状も。そこでTDMの主な対象薬剤について、今回は①ホップ(最低限ここだけは押さえる・知っておく)、②ステップ(投与開始時からフォロー時まで、処方提案や副作用・薬効の評価が行える)、③ジャンプ(特殊病態への介入や最新の知見に基づいた介入など一歩進んだ関与ができる)という3ステップでわかりやすく解説。TDMの基本から応用までしっかり学びたい方に最適の内容です!

▲ページの先頭へ

目次

月刊薬事1月号(Vol.59 No.1
これなら私にもできる! TDMを活かすTips教えます
 
■特集にあたって
村木 優一、奥田 真弘
■TDMはじめの一歩
辻 泰弘、笠井 英史
■循環器薬
 ●シベンゾリン、ジソピラミド、アプリンジン
土下 喜正
 ●ジゴキシン、アミオダロン
島本 裕子
■抗てんかん薬――バルプロ酸ナトリウムを中心に
河崎 陽一
■免疫抑制薬
 ●タクロリムス
新岡 丈典
 ●シクロスポリン
竹内 裕紀、岩本 整、中村 有紀、虎石 竜典
 ●ミコフェノール酸
内藤 隆文
■抗菌薬・抗真菌薬
 ●バンコマイシン
松元 一明
 ●テイコプラニン
榎屋 友幸、村木 優一、奥田 真弘
 ●アミノグリコシド系薬
西 圭史
 ●ボリコナゾール
浜田 幸宏、木村 利美
 
 
取材
 
●Front Page 第26回日本医療薬学会年会(京都府京都市)
●この人に聞く ファーマコゲノミクスを日常診療に活用――遺伝子多型情報から処方設計を支援
平 大樹氏(滋賀医科大学医学部附属病院薬剤部)
 
 
座談会
 
●いま改めて副作用を考える(後編)――薬剤師が臨床で実践できるアクションとは?
山田 和範氏/小宮山 靖氏/北原加奈之氏/岸田 直樹氏/川口 崇氏/大野 能之氏
 
 
連載
 
●モダトレ[5]
モニター心電図で心房細動を確認してみる
梶原 洋文、一瀬 正志
●海外文献紹介
門脇 大介、平田 純生/木村 利美、木村 友絵
●適応外使用の処方せんの読み方[79]
アニサキス症
藤原 豊博
●新 総合診療医のアプローチに迫る! 薬の副作用ケースファイル[1]
副作用を考えるための臨床推論はじめの一歩
原田 拓
●イチから学びたい人のための副作用入門[3]
副作用情報の使い方を考える
原 満良
●3stepで考える! それって本当に副作用ですか?[3]
この「めまい」はミノサイクリンが原因か
山田 和範、光増 智
●みんなで考える臨床ポリファーマシー[5]
ポリファーマシーのときに気をつけたい薬の組み合わせ――処方カスケードに御用心
吉田 英人
●医薬品の微生物汚染とその対策[9]
内用液剤、含嗽液
尾家 重治
●漢方薬ききめのめきき[12]
かぜ症候群、インフルエンザに対するエビデンス②――小青竜湯、麻黄附子細辛湯
新井 一郎
●病態生理×臨床推論のクリニカルロジック[10]
絶対見逃したくない胸痛のOPQRST(前編)
高橋 良
 
 
その他
 
●書評 分子標的抗がん薬
●話題の書籍をダイジェストでお届け!
『4ステップ 臨床力UPエクササイズ ②内分泌・代謝領域』
●薬事セレクション
●ニュースレター 抗菌薬使用で目安、肺炎診療の新GL案/ニボルマブ薬価、2017年2月に50%下げ  他
●次号予告・編集部より

 

▲ページの先頭へ

次号案内

2017年2月号(Vol.59 No.3
ひとつ上を行く! がんの症状緩和 実践的ノウハウ
――呼吸器・消化器・泌尿器症状がわかる!
 
◆企画:山口  崇(神戸大学医学部附属病院緩和支持治療科/緩和ケアチーム)
 
■がん患者の呼吸器症状のマネジメント
 ●呼吸困難の病態とアセスメント
山口  崇
 ●呼吸困難に対する治療
松田 能宣
 ●特定病態のアセスメントと治療――悪性胸水
中村 陽一
 ●特定病態のアセスメントと治療――咳嗽
坂下 明大
 ●特定病態のアセスメントと治療――死前喘鳴
西  智弘
■がん患者の消化器症状のマネジメント
 ●悪心・嘔吐の病態とアセスメント
新城 拓也
 ●悪心・嘔吐の治療
今井 堅吾
 ●特定病態のアセスメントと治療――悪性消化管閉塞
神谷 浩平
 ●特定病態のアセスメントと治療――便秘・下痢
大坂  巌
■がん患者の泌尿器症状のマネジメント
 ●尿閉のアセスメントと治療
田中 良典
 ●頻尿・尿失禁のアセスメントと治療
中村 一郎

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事[年間購読]<送料当社負担>
  • 月刊薬事2017年11月号(Vol.59 No.15)
  • 月刊薬事2017年10月号(Vol.59 No.13)
  • 月刊薬事2017年9月号(Vol.59 No.12)
  • 月刊薬事2017年8月号(Vol.59 No.11)
  • 月刊薬事2017年7月号(Vol.59 No.9)
  • 月刊薬事2017年6月号(Vol.59 No.8)
  • 月刊薬事2017年5月号(Vol.59 No.7)
  • 月刊薬事2017年4月号(Vol.59 No.5)
  • 月刊薬事2017年3月号(Vol.59 No.4)
  • 月刊薬事2017年2月号(Vol.59 No.3)
  • 月刊薬事2016年12月号(Vol.58 No.16)

▲ページの先頭へ