くすりでひける臨床検査

立ち読み

これだけは知っておきたい!

くすりでひける臨床検査

商品コード 49008
編著 中村 敏明/編著
判型 A6判
発行日 2017年3月
ページ 240頁
定価(税込) ¥2,592
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●薬剤別!重篤副作用回避のためにこれだけは知っておきたい必須の臨床検査を厳選

本書は、副作用回避のために臨床検査が必要とされる薬剤のなかでも、これだけは見逃してはならない薬剤を厳選し、どのような検査をどのような頻度でおこなえばよいかをまとめているので、薬剤ごとに必要な臨床検査が何であるかを調べることができます。また、関係する禁忌や注意事項など、周辺知識もひと目でわかるように工夫した一冊です。

▲ページの先頭へ

目次

総説
1 臨床検査値の基本的な捉え方
 1.1 臨床検査値の基準範囲
 1.2 共用基準範囲
 1.3 臨床判断値
  ①診断閾値 diagnostic threshold(カットオフ値 cutoff value)
  ②治療閾値 therapeutic treatment threshold
  ③予防医学的閾値 prophylactic threshold(健診基準値)
 1.4 副作用判断に検査値を使う際のポイント

2 血球系の検査
 2.1 白血球数(WBC)
  ①無顆粒球症
 2.2 赤血球数(RBC)
  ①溶血性貧血
  ②メトヘモグロビン血症
  ③赤芽球癆
  ④鉄芽球性貧血
  ⑤巨赤芽球性貧血
 2.3 血小板数(PLT)
  ①血小板減少
 2.4 再生不良性貧血(汎血球減少症)

3 腎機能検査
 3.1 血清クレアチニン値(Cr,CRE)
 3.2 血清シスタチンC値(Cys-C)
 3.3 CrやCys-Cを用いた腎機能評価
  3.3.1 クレアチニンクリアランス(Ccr)
  3.3.2 推定糸球体濾過量(eGFR)
 3.4 血中尿素窒素(BUN)

4 肝機能検査
 4.1 アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)
 4.2 アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)
 4.3 アルカリホスファターゼ(ALP)
 4.4 総ビリルビン(TB)
 4.5 γグルタミールトランスペプチダーゼ(γGT)
  ①アルコール性肝障害
  ②胆汁うっ滞
 4.6 コリンエステラーゼ(ChE)
 4.7 アルブミン
 4.8 薬物性肝障害

薬剤別解説
精神・神経系/循環器系/内分泌・代謝系/抗血栓薬/抗リウマチ薬
抗悪性腫瘍薬/抗菌薬・抗真菌薬/抗ウイルス薬/その他

付録
共用基準範囲
重篤な副作用とその症状

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 臨床検査値ハンドブック 第3版
  • わかりやすいCKD・透析テキスト
  • 薬剤師の臨床判断
  • 検体測定室ハンドブック
  • パパッと読めてちゃんと身につく 精神科薬物療法ガイド
  • 現場で役だつ! 医学・薬学用語インデックス
  • 4ステップ 臨床力UPエクササイズ ①循環器領域
  • 小児の臨床検査基準値ポケットガイド 第2版
  • 在宅医療チームのための臨床検査
  • 4ステップ 臨床力UPエクササイズ ⑤感染症領域
  • 4ステップ 臨床力UPエクササイズ ②内分泌・代謝領域
  • 4ステップ 臨床力UPエクササイズ ④TDM領域

▲ページの先頭へ