気分障害の薬物治療アルゴリズム

気分障害の薬物治療アルゴリズム

商品コード 31411
編著 精神科薬物療法研究会/編 東京医科歯科大学大学院精神行動医科学分野助教授 本橋伸高/責任編集
判型 B5判
発行日 2003年6月
ページ 184
定価(税込) ¥3,780
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

精神疾患の中でも発生頻度の高い気分障害は、個人生活は勿論、社会経済に与えるマイナスの影響もおおきいと言われています。近年、多くの新しい向精神薬が認可されて薬物治療は変化し、治療や予防にあたる医療者は更に多くの理解と実践を求められてきています。本書は、気分障害についての理解を深め、治療に活用頂く為に、新たな治療アルゴリズムを改訂・作成し、気分障害の概要、診断基準・症例・評価尺度を加えわかりやすく解説いたしました。患者説明シートなど、精神科・心療内科のプライマリケア医のみならず、一般臨床医にもご活用頂ける内容です。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • MADRSを使いこなす
  • 成人期ADHD診療ガイドブック
  • 患者さんに説明できるうつ病治療
  • 注意欠如・多動症-ADHD-の診断・治療ガイドライン 第4版

▲ページの先頭へ