がん患者ケアQ&A

チームで患者さんをサポート

がん患者ケアQ&A

乳がん・消化器がんの薬物療法を中心に

商品コード 36701
編著 市立堺病院院長 古河 洋、国立病院機構大阪医療センター外科 増田慎三、武庫川女子大学薬学部教授 松山賢治/監 市立堺病院薬剤科部長 阿南節子/編著 関西医科大学附属滝井病院薬剤部 河野えみ子、兵庫県立西宮病院薬剤部 桜井美由紀、大阪ブレストクリニック薬剤部 徳島裕子、オンコロジーナース 村田由紀子/共著
判型 A5判
発行日 2007年2月
ページ 186
定価(税込) ¥1,728
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容


薬物治療を受けるがん患者を全人的にサポートし、治療効果を向上させるために


がんの薬物治療法については進歩が著しく、治療レジメンは刻々と変化しています。また、抗がん剤の副作用対策も急速にすすんでおり、がん患者にとって最もつらい副作用は“嘔吐”等から“家族やパートナー・社会生活への影響”、“倦怠感”、“抑うつ”などの状態と、大きく変化しています。がん患者は、がんと診断された時から多くの問題を抱えています。近年、医療従事者には、がん患者を全人的にサポートすることが強く求められ、患者“education”が非常に重要とされます。この場合の“education”は日本語の教育という意味だけではなく、”educate:引き出す”という意味をもち、相手の潜在的な能力やパワーを引き出すこと、つまりサポートすることを意味しています。本書は、薬物治療を受けるがん患者をサポートするのに役立つ情報を項目ごとにまとめています。 [実践Q&Aシリーズ8]

▲ページの先頭へ


関連商品

  • がん化学療法セーフティマニュアル
  • がん化学療法ワークシート 第4版
  • 全人的がん医療 がんプロフェッショナルを目指して
  • がんチーム医療スタッフのための がん治療と化学療法 第3版
  • 外来がん化学療法Q&A 第2版
  • がん薬物療法トレーニングブック
  • 薬局のためのがん患者ケアガイドブック
  • 抗がん薬調製マニュアル 第3版
  • 経口抗がん薬ハンドブック

▲ページの先頭へ