全人的がん医療 がんプロフェッショナルを目指して

全人的がん医療 がんプロフェッショナルを目指して

商品コード 38002
編著 金沢医科大学腫瘍治療学部門教授・金沢医科大学病院集学的がん治療センター長 元雄良治/著
判型 B5判
発行日 2007年12月
ページ 126
定価(税込) ¥2,160
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容


「病変」を診る医療から「患者」を診る医療へ
「がんプロフェッショナル」を志す全医療従事者必読!


「全人的がん医療」とは,心身相関・諸臓器の連携・全身疾患としてがんを捉え,人間の尊厳などを考慮する医療です。本書は腫瘍内科医を中心とするチームで全人的医療をいかに提供すべきかを解説。「腫瘍内科の考え方」,「どのような連携を行なうのか」,「集学的がん治療の意義」,「抗がん剤の進歩」,「告知」,「緩和ケア」などに焦点をあて,なおかつ治療に必須なEBMやガイドラインの読み解きかたなども収載。「病変」ではなく「患者を診る医療」を提供するためのエッセンスをわかりやすくまとめた入門書となっています。

▲ページの先頭へ

目次

【目次】
第1章 腫瘍内科とは/第2章 腫瘍内科の現状/第3章 抗がん剤の進歩
第4章 外来化学療法/第5章 集学的がん治療/第6章 がん登録
第7章 がん告知/第8章 緩和ケア/第9章 EBMと診療ガイドライン
第10章 診療・教育・研究/第11章 がん医療における性差
第12章 全人的視点の意義

▲ページの先頭へ


関連商品

  • がん患者ケアQ&A
  • がんチーム医療スタッフのための がん治療と化学療法 第3版
  • 外来がん化学療法Q&A 第2版
  • 抗がん薬調製マニュアル 第3版
  • 臨床の疑問に答える がん薬物療法アップデート
  • がん薬物療法マネジメントブック
  • がん必須ポイント 第3版
  • 経口抗がん薬ハンドブック

▲ページの先頭へ