薬剤師による手術室の薬剤管理マニュアル

薬剤師による手術室の薬剤管理マニュアル

商品コード 38941
編著 東京慈恵会医科大学附属第三病院 教授,副院長,麻酔科診療部長 根津武彦/監修 東京慈恵会医科大学附属第三病院薬剤部 島崎博士、静岡県立大学薬学部実践薬学分野教授 並木徳之/編著
判型 B5判
発行日 2008年10月
ページ 150
定価(税込) ¥3,240
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

手術室のチーム医療に参加しよう!

 手術では,主に麻酔科医が患者状態を管理し,外科医が執刀に集中できるようにしています。麻酔科医は麻酔薬や筋弛緩薬など,多くの毒・劇薬を使用して患者を手術の侵襲から守ります。近年,このような取扱いに注意が必要な手術室の薬剤を薬剤部で管理することが増えてきました。
 本書は,慈恵会医科大学附属第三病院薬剤部による手術室の薬剤管理の実際を例に,在庫管理だけではなく一歩踏み込んだ薬学的管理を目指して,手術の進行の解説に加え,手術中に使用される薬剤について,使用目的,投与法などを解説しています。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 新しい医薬品管理
  • 医療材料の選び方・使い方
  • 製剤化のサイエンス 基礎とCMC
  • 病院感染対策ガイドライン 改訂第2版
  • 麻薬・向精神薬・覚せい剤管理ハンドブック 第10版

▲ページの先頭へ