女性とくすりQ&A

テーラーメイド薬物治療の第一歩

女性とくすりQ&A

患者に適した薬剤選択のために

商品コード 39061
編著 千葉大学大学院薬学研究院教授 上野光一、山口大学大学院医学系研究科教授 松田昌子、静岡県立大学短期大学部看護学科教授 河端恵美子/監
判型 A5判
発行日 2008年9月
ページ 212
定価(税込) ¥2,376
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容


性差に留意すべき薬剤、女性患者のケアのコツなど、
現場に即した情報を解説


2001年,鹿児島大学に日本ではじめてとなる女性外来が設立されて以降,女性医療に対する関心は年々高まっています。本書ではチーム医療従事者が最低限知っておきたい女性医療の知識をコンパクトにまとめました。妊娠期・授乳期のみならず,通常でも薬物動態や効果,副作用の発現に性差があり,男性患者・女性患者で注意が必要な薬剤,代替医療,健診などについても紹介。チーム医療にかかわるすべての医療関係者に向けた「女性とくすり」に関する情報をわかりやすく解説した実践的な書籍です。 [実践Q&Aシリーズ13]

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 妊娠・授乳とくすりQ&A 第2版

▲ページの先頭へ