簡易懸濁法Q&A Part2 実践編

現場の疑問を解決!

簡易懸濁法Q&A Part2 実践編

商品コード 40340
編著 倉田 なおみ(昭和大学薬学部薬剤学教室准教授)/監、簡易懸濁法研究会/編著
判型 A5判
発行日 2009年10月
ページ 164
定価(税込) ¥1,944
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容


●個々の医薬品・製剤上の留意点、配合変化など現場の疑問を即解決!
●代替薬の選び方、器具・デバイスの紹介、在宅での留意点など、すぐに役立つエッセンスを凝縮した1冊

 簡易懸濁法を行った際の現場での疑問点や問題点をQ&A形式で解説。個々の医薬品や製剤上の注意点、投与方法の工夫、代替薬の選び方、配合変化情報に加え、在宅医療やデバイスについても解説を加え、現場ですぐに実践できるノウハウがつまった1冊です。  [実践Q&Aシリーズ15]
●「簡易懸濁法Q&A Part1 基礎編 第2版」とあわせてご活用ください


■簡易懸濁法研究会のご案内■
お問合せは;k-kendaku@mbr.nifty.comまでどうぞ。

 

→ 「簡易懸濁法マニュアル」のご案内

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 簡易懸濁法Q&A Part1 基礎編 第2版
  • がん緩和ケアのフィジカルアセスメント
  • 精神科の薬と患者ケアQ&A  第3版 
  • 簡易懸濁法マニュアル
  • 在宅療養の薬学的謎解き
  • 内服薬 経管投与ハンドブック 第3版
  • 薬局が変われば地域医療が変わる

▲ページの先頭へ