抗菌薬サークル図データブック 第2版

立ち読み

抗菌薬サークル図データブック 第2版

商品コード 41491
編著 東京女子医科大学感染対策部感染症科 教授 戸塚恭一/監
日本医科大学千葉北総病院薬剤部医薬品情報室 浜田康次、東北薬科大学医薬情報科学教授 佐藤憲一/編
判型 A6横判
発行日 2010年11月
ページ 180
定価(税込) ¥2,808
在庫 在庫僅少につきお問い合わせください

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容


抗菌薬の適正使用に役立つ1冊!
白衣のポケットに入るコンパクトサイズで、臨床現場で抗菌薬使用に従事する方におすすめの書籍です。


◆第2版 改訂のポイント◆
最新のMICデータを数多く採用、抗菌薬の“いま”がわかる!
初版未収録の薬剤と新薬あわせて7剤の情報を新規収録
サークル図の菌種をより細分化し、臨床上重要となる耐性菌に対する効果もひと目でわかる!
初版にはなかった適応外菌種のMICデータも色を分けて表示し、
抗菌薬本来の活性が類推できる!
ガイドライン情報には王冠マークをつけてひと目でわかるように記載
菌に対して抗菌活性の高い抗菌薬一覧表やブレイクポイント一覧表を巻末に収録

◆本書の特長◆
・各種抗菌薬の有効菌種がひと目でわかる!
桿菌・球菌、またそれぞれのグラム陰性・グラム陽性の4つの観点から菌種を分類・配置しサークル化。
第2版では臨床で懸念される耐性菌も細かく分類し掲載しています。
適応菌種には淡い背景色を付け、MIC90値に応じて濃い色でグラフのように色分けしているので、
適応菌種かどうか、またそのボーダーをひと目で把握できます。

・抗菌薬の医薬品集としても活用できる!
各抗菌薬の基礎情報(適応症、用法用量、薬物動態、Ccrなど)を掲載。
排泄経路、薬物動態、組織移行性(肺、喀痰、胆汁、中耳分泌液、副鼻腔、皮膚など)、
PK/PDパラメータをコンパクトに図示。
第2版では新たにガイドライン情報や薬価、後発品情報も追加し、臨床でより役立ちます。

・充実の巻末付録
「主な菌種に対するMIC一覧表」や、日本化学療法学会発表の「抗菌薬ブレイクポイント一覧表」など、
抗菌薬選択に欠かせない情報を巻末に掲載。抗菌薬の基本はこの一冊で網羅できます。
 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 抗菌薬サークル図データブック 点眼剤編
  • 眼科領域のくすりとケアQ&A
  • 抗菌薬・消毒薬Q&A 第2版
  • 保険薬局のための ハイリスク薬説明支援ガイドブック
  • ゼロから始める感染制御と一歩進んだ耐性菌対策
  • 病院感染対策ガイドライン 改訂第2版
  • 感染対策実践マニュアル 第3版
  • 感染症非専門医・薬剤師のための 感染症コンサルテーション
  • 抗菌薬おさらい帳
  • 抗菌薬耐性対策サーベイランス必読ガイド
  • 薬局・薬剤師のための抗菌薬攻略ガイド
  • 感染症薬物療法トレーニングブック

▲ページの先頭へ