がん薬物療法トレーニングブック

立ち読み

問題解決技法に基づいた

がん薬物療法トレーニングブック

商品コード 42290
編著 監修:井上 忠夫(東京女子医科大学医学部医療・病院管理学)
編集:野村 久祥(杏林大学医学部付属病院薬剤部)
 橋本 浩伸(国立がん研究センター中央病院薬剤部)
 岡澤 美貴子(NTT東日本関東病院薬剤部)
判型 B5判
発行日 2011年7月
ページ 130
定価(税込) ¥3,024
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容


●がん専門薬剤師を目指す方のみならず、薬物療法に携わるすべての薬剤師に
 ご活用いただきたい1冊!

 がん薬物療法において、薬剤師は医師・看護師・その他の医療スタッフに対し、薬剤の有効性や安全性の情報提供を行うだけでなく、個々の患者の状況に応じて最適な判断をすべく、薬学的専門能力を発揮することが望まれています。本書は「問題解決技法」に基づいた薬物治療の実践について、具体的な症例をもとに臨床での問題点を解決するまでの手順をわかりやすく解説。さまざまなケースで活かせる「問題解決技法」を学ぶことで、その専門能力を最大限に発揮できる考え方が身に付きます。

【問題解決技法とは】
Step1 問題点を明確にする
Step2 問題を解決するための情報を収集する
Step3 エビデンスの検証
Step4 患者への適応
Step5 薬学的フォローアップ
という5つのプロセスにより問題点を洗い出し、解決に導くための考え方。どのような場面でも応用できるロジカルな技法です。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • がん患者ケアQ&A
  • がん化学療法ワークシート 第4版
  • 全人的がん医療 がんプロフェッショナルを目指して
  • がんチーム医療スタッフのための がん治療と化学療法 第3版
  • 緩和医療実践問題集
  • 外来がん化学療法Q&A 第2版
  • 薬局のためのがん患者ケアガイドブック
  • 抗がん薬調製マニュアル 第3版
  • 臨床の疑問に答える がん薬物療法アップデート
  • がん患者の「知りたい」がわかる本

▲ページの先頭へ