薬剤師のための医薬品副作用入門

薬剤師のための医薬品副作用入門

商品コード 42405
編著 増原慶壮(聖マリアンナ医科大学附属病院薬剤部長)、大澤友二(昭和薬科大学医療薬学教育センター教授)/編著
判型 B5判
発行日 2011年12月
ページ 400
定価(税込) ¥5,616
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容


●薬剤性副作用への対応法や検討すべき項目を、具体的な症例をもとに解説!
●薬物治療に参画するすべての薬剤師必携の1冊!


 薬剤による副作用の発症機序から分類・診断・治療までの流れを解説したほか、実際の症例をもとに、薬剤師が検討・対応した内容とその反省点などを具体的に記載。それぞれの症例について、薬剤師が知っておくべき知識や、原因薬剤推定のために検討すべき項目などを具体的に解説していきます。症例は、薬剤性血液障害・肝障害・腎障害など約60例。セルフチェックで知識の再確認を行いながら学べる、薬物治療に参画するすべての薬剤師必携の1冊です。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 薬疹と接触皮膚炎
  • アレルギー性副作用 実用編
  • 重大な副作用回避のための情報集
  • 重大な副作用回避のための服薬指導情報集【第4集】
  • 店頭で早わかり! OTC医薬品副作用ハンドブック
  • 保険薬局のための ハイリスク薬説明支援ガイドブック
  • 4ステップ 臨床力UPエクササイズ ①循環器領域
  • 薬剤師が知っておきたい臨床知識 改訂4版

▲ページの先頭へ