病態知識を基礎とした一般用医薬品販売ハンドブック

病態知識を基礎とした一般用医薬品販売ハンドブック

セルフメディケーション・トリアージ

商品コード 42481
編著 望月眞弓、武政文彦/監修
判型 B5判
発行日 2011年11月
ページ 330
定価(税込) ¥4,104
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容


薬剤師にとって今後間違いなくキーとなるのが「トリアージ」です。
OTC薬販売に「新しい視点」を取り入れてみませんか?


 薬剤師はOTC薬を販売する際、相談者から十分に情報収集したうえで状態を見極め、トリアージを行わなければなりません。OTC薬を活用するのか、医師への受診を勧奨するのか、養生で対応すべきか、といった判断を行うには、正しい病態知識が必要となります。
 本書は、薬局で訴えの多い病態を中心に、トリアージに役立つ疾病の知識、最適なOTC薬の選択、選択した製品の適正な使用方法などをわかりやすく解説していきます。

▲ページの先頭へ

目次

【目次】

本書の使い方と薬剤師の役割

総論
 ・一般用医薬品販売時に薬剤師が求められること
 ・トリアージにおけるコミュニケーション

各論
各項目ごとに「病態知識に基づくトリアージ」「セルフメディケーションにおける治療薬」等について詳しく解説
 ・熱と痛み
 ・かぜ症候群(熱、咳、痰)
 ・胸やけ、胃酸過多、胃もたれ
 ・便秘
 ・下痢
 ・にきび(尋常性ざ瘡、ざ瘡、アクネ)
 ・湿疹
 ・やけど、日焼け
 ・水虫、たむし
 ・花粉症
 ・禁煙
 ・漢方製剤
 ・アンチドーピング

 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 店頭で早わかり! OTC医薬品副作用ハンドブック
  • OTC医薬品 使用上の注意ガイドブック
  • OTC医薬品の基礎知識 第2版
  • お薬手帳の実践的活用法
  • 体調チェック・フローチャート 解説と活用 第2版
  • OTC薬ハンドブック2013
  • 薬剤師による 症候からの薬学判断

▲ページの先頭へ