利用者と共有する 介護保険のポイント

利用者と共有する 介護保険のポイント

2012年4月改正で何が変わったか

商品コード 43112
編著 阿部 崇/著
判型 B5判
発行日 2012年2月
ページ 126
定価(税込) ¥2,160
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●介護保険の現場スタッフの目線で、2012年の介護保険制度改正について、ポイントを絞ってわかりやすく解説!

本書では、「複合型サービスでは、どのようなサービスを複合できるのですか」、「高齢者の“住まい”としてどのようなものが考えられているのですか」、「“たんの吸引”や“経管栄養の管理”とはどのような医行為ですか」、「“市民後見人”とはどのような人をいうのですか」など、Q&A形式で覚えておきたい重要なポイントをわかりやすく解説。さらに、今改正の背景や問題点をコラムなどの読みやすい形で解説しており、難しい法令文や関係記録の行間を読むことで理解と記憶をサポートします。
2012年の改正では、今までにもまして介護と医療、介護と地域の結びつきが強化されています。改正内容を踏まえて、介護職・看護職として何ができるのか、何をしてよいのか、何をしないといけないのかを知っておくことは、利用者やご家族への説明はもちろん、他の事業所スタッフとのコミュニケーションなどの場面で必要不可欠となります。
介護保険の現場の担い手のみなさんのキャリアアップにお役立ていただきたい1冊。

▲ページの先頭へ

目次

【目次】 序 章
第1章 介護保険サービス
第2章 施設・住まい
第3章 介護職
第4章 保険者・制度
付 録 社会保障審議会資料
 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • ベッドサイドで使える 褥瘡治療薬ナビ
  • 入院医療のための保険診療ガイド
  • 外来・在宅医療のための 保険診療Q&A
  • 医師のための保険診療入門 2016
  • 褥瘡治療薬使いこなしガイド

▲ページの先頭へ