注射薬配合変化Q&A 第2版

立ち読み

今これだけは知っておきたい!

注射薬配合変化Q&A 第2版

根拠でわかる注射・輸液配合時の事故防止対策

商品コード 43938
編著 東海林徹(奥羽大学薬学部教授),松山 賢治(近畿大学薬学部教授)/監修 阿南 節子(同志社女子大学薬学部教授)/編著 河野えみ子(関西医科大学附属香里病院薬剤部),櫻井美由紀(市立三田病院薬剤部),徳島 裕子(大阪ブレストクリニック薬剤部)/共著
判型 A5判
発行日 2013年1月
ページ 140
定価(税込) ¥1,944
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

注射薬配合変化における安全・適正使用と薬剤損失対策に役立つ書!最新の知見を取り入れた待望の改訂版!

 注射薬を安全に使用するためには、注射薬の配合変化を予測し、未然にエラーを防止するとともに、その物理的・化学的性質を十分に理解しておくことが重要です。
 6年ぶりの改訂となる本書では、注射薬の配合によるさまざまな変化が“なぜ起こるのか”を物理的・化学的な面から解説。各反応について具体的な配合事例をもとにQ&A形式でわかりやすく解説します。日常業務で出合うさまざまな注射薬業務の「知っておきたい」ポイントがわかる1冊です。 [実践Q&Aシリーズ4]

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 抗菌薬・消毒薬Q&A 第2版
  • 緩和医療薬学問題集
  • 外来がん化学療法Q&A 第2版
  • がん疼痛緩和ケア
  • 軟膏・クリーム配合変化ハンドブック 第2版
  • 錠剤・カプセル剤粉砕ハンドブック 第7版

▲ページの先頭へ