製剤の達人による製剤技術の伝承上巻「経口投与製剤の製剤設計と製造法」

製剤の達人による製剤技術の伝承上巻「経口投与製剤の製剤設計と製造法」

商品コード 44416
編著 日本薬剤学会 製剤技術伝承委員会/編 岡田 弘晃、中村 康彦/監
判型 B5判
発行日 2013年5月
ページ 370
定価(税込) ¥8,640
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

「製剤の達人による製剤技術の伝承 上下シリーズ」

 パテントクリフを迎え、創薬が進まない現状、製剤技術の重要性がより高まっています。本シリーズでは、日本薬剤学会認定の「製剤の達人」が設計から製造法までを具体的に解説します。製剤技術の基礎から応用まで学ぶことができ、製剤技師認定試験の参考書としてもご活用いただけます。
上巻では、日本薬剤学会認定の「製剤の達人」が、経口投与製剤の開発について設計から製造法までを具体的に解説。また、技術だけではなく製剤技術総論やLCM戦略などについても掲載しました。

下巻のご案内はこちら

▲ページの先頭へ

目次

・ 序論 

1) 製剤開発入門―経験からの解放
2) 製剤設計総論:企業における製剤設計・製造技術の重要性
3) 製剤設計の重要性と具体例
4) 製剤設計・LCM戦略総論~パラダイムシフトする製剤開発
5) 製造プロセスにおける経験値/粉体物性の影響
6) 原薬の物性および製剤の製造工程における物性評価
7) 粉砕・分級
8) 造粒、コーティングと製剤機器
9) 固形製剤における造粒・コーティングとスケールアップ
10) 錠剤の水系コーティング技術・ドライコーティング・スケールアップ
11) 打錠工程の注意点と打錠障害
12) 造粒・打錠工程のスケールアップとトラブル防止
13) 硬カプセル製剤の処方設計の考え方と可能性
14) 固形製剤のスケールアップ~その課題と対策~
15) 医薬品の包装設計と今後の展望
16) 製剤からの薬物吸収性評価
17) 薬物の溶解性、溶出性を改善させるための方法論と添加剤の選定法
18) 製剤技術による吸収改善
19) 苦味マスキングと徐放製剤の技術
20) 口腔内速崩壊錠の設計と外部滑沢打錠法の活用
21) クスリ新時代を拓いた口腔内崩壊錠
22) 経口投与型DDSの設計と製剤技術
23) 医薬品添加剤の特質と使用上の留意点
24) 固形製剤の異物混入と交叉汚染 防止対応
25) OTC医薬品の製剤設計
26) GE品の製剤設計
 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 製剤の達人による製剤技術の伝承下巻「非経口投与製剤の製剤設計と製造法」
  • リスクベースによるGMP監査実施ノウハウ
  • コンピュータ化システム適正管理ガイドライン解説
  • 製剤の達人による製剤技術の伝承 製剤設計・製造技術の新たな潮流
  • 適切な査察対応が見えてくる!Q&Aで学ぶデータインテグリティ
  • 医薬品工場のための空調設計ナビ
  • ハードからみたGMP 第4版
  • 製造工程別GMPリスク分析・評価事例集
  • 第2版 医薬品原薬工場のGMPハード対応に関するガイドブック
  • 品質年次レビュー・マネジメントレビュー
  • 日本薬剤学会認定 「製剤技師」試験問題集
  • GMP・ICH 医薬用語事典 第3版

▲ページの先頭へ