知っておきたい皮膚症状

立ち読み

薬剤師・登録販売者のための

知っておきたい皮膚症状

商品コード 44560
編著 久保田由美子(福岡山王病院皮膚科部長)/監修
日本OTC医薬品情報研究会/編集
日本OTC医薬品協会 安全性委員会 安全性情報部会/編集協力
判型 A5判
発行日 2013年5月
ページ 290
定価(税込) ¥3,888
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●薬局・ドラッグストア店頭などにおける相談対応に必携の1冊です!

 じんましん、水虫などのOTC医薬品で対応可能な皮膚症状と、接触皮膚炎や固定薬疹、スティーブンス・ジョンソン症候群などの皮膚に現れる代表的な副作用を写真入りでわかりやすく解説しました。
間違いやすい症状・疾患の写真も掲載しており、薬局・ドラッグストア店頭などにおける相談対応に必携の1冊です。

▲ページの先頭へ

目次

 第1章 皮膚の構造
 皮膚の構造
発疹の種類


第2章 OTC医薬品で対応可能な皮膚症状
 蕁麻疹
しもやけ
あせも(汗疹)
ウオノメ(鶏眼)・タコ(胼胝)
イボ(ウィルス性疣贅)
さめ肌
乾皮症(皮脂欠乏症)
肌あれ
角化症
日焼け
虫さされ(虫刺症)
脂漏性皮膚炎
にきび(尋常性ざ瘡)
酒さ
肝斑
口唇ヘルペス
口角炎
毛のう炎/毛包炎
せつ・よう
とびひ(伝染性膿痂疹)
水虫・たむし
脱毛症
アタマジラミ・ケジラミ


第3章 皮膚に現れる副作用
 固定薬疹
多形滲出性紅斑
スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)/中毒性表皮壊死融解症(TEN)
急性汎発性発疹性膿疱症(AGEP)
薬剤性過敏症症候群(DIHS)
接触皮膚炎
光接触皮膚炎
アナフィラキシー
食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA)


第4章 皮膚に起きた副作用の原因の検査法
 副作用の原因を調べる
患者の皮膚で行う検査法
患者から採血した血液を用いる検査法
患者がもう1度服用する検査法


第5章 店頭における皮膚症状Q&A
 店頭での対応に関するQ&A
疾患・症状に関するQ&A


資料編

▲ページの先頭へ


関連商品

  • OTC医薬品の基礎知識 第2版
  • OTC医薬品 使用上の注意ガイドブック
  • 64のケースで考える OTC薬販売の実践問題集 Part2
  • 店頭で早わかり! OTC医薬品副作用ハンドブック
  • OTC薬ハンドブック2013
  • 改訂6版 薬剤師のための臨床検査の知識
  • 検査値×処方箋の読み方
  • OTC薬ガイドブック 第3版
  • 保険薬局業務推進便利グッズ集 第3版
  • 在宅医療チームのための臨床検査
  • OTC医薬品事典2016-17 第15版

▲ページの先頭へ