企業治験 改正GCP省令のポイント

立ち読み

忙しいドクターもできる!ナース・薬剤師・CRCの“無駄な”業務をなくす!

企業治験 改正GCP省令のポイント

商品コード 45031
編著 宮田 俊男/著
判型 A5判
発行日 2013年9月
ページ 159
定価(税込) ¥2,808
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 書評
  • 関連商品

内容

●GCP恐怖症を克服!

●治験制度改革の中心的人物が直接解説!
改正GCP省令、新GCPガイダンスを真に理解して治験を劇的に効率化する必読書

 
本書は、平成24年12月に改正されたGCP(Good Clinical Practice: 医薬品の臨床試験の実施に関する基準)省令とそのガイダンス作成の中心的役割を担った著者による、実務のポイントの解説書です。
運用通知によるさまざまな手続きや作業の煩雑さによって、『J-GCP』などと呼ばれ揶揄されてきた「無駄な作業」を徹底的に効率化させ、本質的な治験の質を向上させるためのガイダンスを読み解きます。
すべての治験・臨床研究に関係する医師、看護師、薬剤師、CRC必読の書。姉妹書「医師主導治験-改正GCP省令のポイント」とあわせてご活用ください。

▲ページの先頭へ

目次

序 章 なぜ日本のGCPはローカルなJ-GCPと呼ばれてきたのか?

第1章 GCP省令改正のポイント
第2章 GCP運用通知廃止のこころ
第3章 GCPガイダンスのポイント
第4章 国際的な整合性,調和を図るために
第5章 さらなる運用改善のために(統一書式の徹底,IT化の促進)
第6章 人材の質の確保及び産学連携

資料1 厚生労働省令 第百六十一号
資料2 薬事法施行規則等の一部を改正する省令の施行について
資料3 「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」のガイダンスについて
「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」のガイダンスについて
  旧運用通知からの主な改正点
  医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令の目次

 

 

▲ページの先頭へ

書評

 科学技術の高度化により、医療現場にも大きな変化が生まれている。ところがわが国の医薬品・医療機器開発は、医療の経済的規模に対応する発展はしていない。これに対して政府は、健康医療戦略における日本版NIH構想を打ち立てるなど、臨床応用を志向した開発研究力の向上を国の重要課題として位置づけるようになった。
臨床開発には要素技術の開発だけでなく、臨床試験のプロセスと結果を行政的に審査するシステムも必要である。薬事承認を得るには企業治験または医師主導治験を実施しなければならないが、制度を理解することは容易でない。新GCP施行以来、わが国の治験は多くの障害に直面してきた。煩雑で重複の多い書類手続きのために過剰な質を要求されるという指摘もある。特にGCP下でのアカデミア主導の臨床試験はハードルが高く、評者自身も東大病院TRセンター長時代に多くの苦労を経験した。このような状況に対し厚生労働省は、日本のGCPの過剰な運用を欧米と同様の柔軟な運用が可能になるよう省令改正や通知廃止、さらに治験手続きのIT化などを進めてきた。


本書はこうした背景をもとに、心臓外科医としての臨床経験に加えて、厚生労働省において先進医療制度や臨床試験拠点制度、また治験の推進を指導してこられた筆者により、『企業治験:改正GCP省令のポイント』と『医師主導治験:改正GCP省令のポイント』の2分冊の構成で執筆された。それぞれ6章159ページと8章168ページからなり通読するのに手ごろである。GCP省令改正とGCPガイダンスのポイントは両書に共通であるが、前者では「国際的整合性」「統一書式」「IT化」「人材の質確保」「産学連携」について、後者では「First in Human試験」「POC試験」「適応外薬の解消」「研究費取得」「利益相反の管理」「未承認薬へのアクセス」などについて留意すべき点が要を得て簡潔にまとめられている。
 

 今回の治験制度改革は抜本的な改正であり、医療現場に浸透すれば治験の効率化を促すと期待されている。治験と臨床研究の質向上が求められている今日、本書は治験に携わる者にとって必読書であり、これを多くの方に推薦したい。

 

自治医科大学 学長
東京大学医学部名誉教授
永井 良三

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 医師主導治験 改正GCP省令のポイント
  • 医薬品の生物学的同等性試験
  • 治験事務局マニュアル
  • CRCのための 治験業務マニュアル 第2版
  • 治験に係る 保険外併用療養費 解説とQ&A
  • 医療機器治験-改正GCP省令のポイント-
  • バイオ医薬品の品質管理戦略
  • 生体試料中薬物濃度分析法バリデーションガイドライン解説
  • 治験実務実践問題集
  • CRCのための 治験110番Q&A 2010
  • もっと知りたい 医師主導治験のQ&A
  • 臨床試験・医師主導治験のQ&A

▲ページの先頭へ