医療機器の保険適用戦略と保険適用希望書の作成・手続実務

立ち読み

医療機器の保険適用戦略と保険適用希望書の作成・手続実務

商品コード 45741
編著 河原 敦/著
判型 B5判
発行日 2014年4月
ページ 210
定価(税込) ¥6,480
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●医療機器の開発・導入計画の策定から保険収載・製品販売まで、
長期にわたるマネジメントを適切に行うために必要な知識を1冊にまとめました。


本書では、医療保険制度の概要や医療機器の保険収載に関する基本的な知識から、診療報酬上での評価および保険適用希望における手続きのノウハウにいたるまで、医療機器の保険適用戦略におけるマネジメントのあり方を解説。保険適用希望書の記載方法など申請手続きにかかる項目については具体例を示しながらわかりやすく解説したほか、診療報酬改定の概要などについても幅広く取り上げ、実務担当者だけでなく、マネジメントに携わる方にもご活用いただけます。

▲ページの先頭へ

目次

Ⅰ.医療保険制度の概要
1.医療保険制度の枠組み
2.給付の種類

Ⅱ.厚生労働省、中央社会保険医療協議会の組織
1.厚生労働省の担当課と事務分掌
2.厚生労働省担当官の背景
3.中央社会保険医療協議会の組織

Ⅲ.医療機器の保険償還、保険適用希望
1.医療機器の保険償還に関する制度的枠組み
2.医療機器の保険適用希望に関する枠組み
3.決定区分A1、A2又はB医療機器の保険適用希望
4.決定区分C1又はC2医療機器の保険適用希望

Ⅳ.診療報酬の技術料(手技料)の算定
1.決定区分C2の保険適用希望と技術料の創設
2.施設基準の設定等

Ⅴ.その他の医療機器に関係する診療報酬項目の創設
1.処置医療機器等加算及び手術医療機器等加算
2.在宅医療に用いる医療機器の保険適用
3.在宅療養指導管理料に定める管理料及び在宅療養指導管理材料加算の新設等

Ⅵ.製品の変更と保険適用希望

Ⅶ.診療報酬、薬価、材料価格等の改定
1.改定プロセスの概要
2.医療機器関連各項目の改定方法
3.技術料の改定
4.医療技術評価提案書の記載内容
5.診療報酬の技術料(手技料)の算出方法
6.外科的技術の客観的な算出方法への取り組み

Ⅷ.混合診療
1.保険診療の法的位置づけ
2.混合診療の種類
3.混合診療禁止の根拠

Ⅸ.評価療養、特に先進医療について
1.評価療養に関する枠組み
2.先進医療の対象
3.先進医療の実施手続き
4.先進医療からの保険適用等

Ⅹ.医療機器製造販売業者の保険適用戦略
1.医療機器の開発及び薬事法手続きと保険適用との関係
2.関係医学会の代表者との関係
3.まとめ

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 医療機器治験-改正GCP省令のポイント-
  • 化粧品企業が知っておくべきGMPとFDA査察の実際
  • POCTが変える医療と臨床検査
  • 医薬品GMP査察官の2500の質問事例集
  • 臨床検査技師のためのチーム医療教本
  • 医療機器QMSガイド 第2版
  • 検体採取者のためのハンドブック
  • 超音波検査技術教本
  • 神経生理検査技術教本
  • 循環機能検査技術教本
  • リーン クオリフィケーション アプローチ
  • PIC/S GMP対応 事例に学ぶ品質リスクマネジメント導入手法

▲ページの先頭へ