同効薬比較ガイド2

立ち読み

この患者・この症例にいちばん適切な薬剤が選べる

同効薬比較ガイド2

商品コード 46618
編著 黒山 政一/編集代表
明石 貴雄、片山 志郎、髙橋 美由紀、平山 武司/編集
判型 B5判
発行日 2015年8月
ページ 237頁
定価(税込) ¥2,808
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

●数ある同種同効薬の違いを、効能・効果、用法・用量、禁忌、副作用、さらに薬理作用や薬物動態、臨床成績といったさまざまな角度からすっきりと整理!


全薬効群とも、やさしい解説プラス比較に必要な情報がぱっと一覧できる「比較一覧表」で構成。個々の患者さんの症状や既往歴、服用薬や生活習慣などに合わせて、いちばん適切な薬剤は何か、効能・効果は同じでも選ぶべきでない薬剤は何かを、的確に迅速に判断することができます。

『同効薬比較ガイド1』 はこちら

 

●掲載薬効群(全14薬効群)

消化性潰瘍治療薬(PPI、H2受容体拮抗薬)
5-HT3受容体拮抗制吐薬
気管支喘息治療薬・気管支拡張薬(吸入ステロイド薬、β2刺激薬)
前立腺肥大症・排尿障害治療薬(α1遮断薬)
過活動膀胱治療薬(抗コリン薬)
経口血糖降下薬(インスリン分泌促進薬)
インスリン製剤
骨粗鬆症治療薬(経口ビスホスホネート製剤)
抗凝固薬・抗血小板薬
アレルギー性疾患治療薬(メディエーター受容体拮抗薬)
アレルギー性結膜疾患治療薬(点眼薬)
免疫抑制薬
緑内障治療薬(点眼薬)
ニューキノロン系抗菌薬

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 同効薬比較ガイド1
  • 王様のくすり図鑑
  • 腎臓病薬物療法専門・認定薬剤師テキスト
  • 消毒薬の選び方・使い方
  • 4ステップ 臨床力UPエクササイズ ②内分泌・代謝領域
  • 錠剤・カプセル剤粉砕ハンドブック 第7版
  • 軟膏・クリーム配合変化ハンドブック 第2版
  • 総合診療医が教える よくある気になるその症状
  • 4ステップ 臨床力UPエクササイズ ③産科・婦人科領域
  • 4ステップ 臨床力UPエクササイズ ④TDM領域

▲ページの先頭へ