ケーススタディで学ぶ がん患者ロジカル・トータルサポート

立ち読み

ケーススタディで学ぶ がん患者ロジカル・トータルサポート

患者との会話から症状を読み取り処方提案しよう!

商品コード 48254
編著 片山 志郎、平井 みどり/監
髙瀬 久光、井手口 直子/編著
判型 A5判
発行日 2017年5月
ページ 346頁
定価(税込) ¥3,456
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●できる!問題解決のためのプロファイル作成力

  ロジカル・トータルサポートとはがん患者への告知、治療、寛解、再発等の過程における心理の変化に対し、どのように患者を支援していくかを考える上で必要な医療コミュニケーションのひとつといえます。がんの症状緩和に導く薬物療法では包括的な患者背景や生活環境の情報収集が必須です。カルテ情報は患者情報の一部に過ぎず、医療スタッフ間でディスカッションを重ね、刻々と移り変わる病状を把握し患者のプロファイルを作成することで隠された情報抽出が可能になります。医療情報では、さまざまな仮説を立て論理的に薬物療法を検討、処方設計をするロジカル・トータルサポートを行うことの重要性が増しています。

 本書は、ロジカル・トータルサポートの指南書であり、患者とのコミュニケーションを通じて患者の病状に応じた論理的かつリスクマネジメントにつなげる「先読み臨床力」を身につけるためのヒントとなり、ケーススタディを通じて患者の状態をロジカルに読み解き、その知見をもとに処方設計を行って医師・看護師とのカンファレンスで薬学的な視点で提案するまでを解説します。

▲ページの先頭へ

目次

第1章 支持療法
 食欲不振
 倦怠感
 口内炎
 悪心・嘔吐
 神経障害性疼痛
 排泄障害
 皮疹
 電解質異常
 好中球減少症
 血管痛
 内出血痕
 緑内障
 臨床試験

第2章 メンタル
 不眠
 うつ
 せん妄
 治療方針変更(時の関わり)
 副作用全般

第3章 在宅
 退院前カンファレンス
 在宅患者事例集

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 臨床の疑問に答える がん薬物療法アップデート
  • さあ はじめよう!がん患者サポート
  • がん化学療法クリティカルポイント対応マニュアル
  • がんチーム医療スタッフのための がん治療と化学療法 第3版
  • がん種別薬学的ケアのポイント
  • がん患者の「知りたい」がわかる本
  • 緩和医療薬学問題集
  • がん化学療法ワークシート 第4版
  • がん患者の精神症状はこう診る 向精神薬はこう使う
  • 処方せんをヒントに!がん患者サポーティブケア
  • がん疼痛緩和ケア
  • がん緩和ケアのフィジカルアセスメント

▲ページの先頭へ