4ステップ 臨床力UPエクササイズ ⑤感染症領域

立ち読み

病態・治療・患者対応までまるごと身につく 

4ステップ 臨床力UPエクササイズ ⑤感染症領域

商品コード 49329
編著 勝見 章男、三浦 崇則/監
判型 A5判
発行日 2017年1月
ページ 224頁
定価(税込) ¥2,592
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●薬剤師のための“現場直結型”問題集!!

領域別シリーズの第5弾!
今回は、病院・薬局ともに関心の高い“感染症領域”を取り上げます。感染症の病態や病原微生物、抗菌薬などに関する基礎知識から、各抗菌薬の適切な使い方と注意点、患者情報の収集と評価方法、ガイドラインの解釈と患者個々への当てはめ方まで、「現場で絶対に押さえておきたいこと」を一冊に凝縮。各章を解説と理解度チェック問題で構成し、Step1~4の4ステップで基礎から臨床応用へと徐々に力が身につけられるようになっています。                                      


■Step1 基礎知識のおさらい
病原微生物や感染経路、感染症診断に用いられる検査まで、感染症に関する基礎知識のおさらいをします。

■Step2 病態を学び、治療に結びつける
各抗菌薬の特徴や臨床における使い分け、薬剤耐性の注意点、PK/PD理論から投与設計の考え方まで、臨床応用を意識した感染症の薬物治療の実際について解説します。

■Step3 症例検討のノウハウを学ぶ/Step4 総合問題
Step3とStep4では、ここまでに学んだ知識を活かして高齢者の誤嚥性肺炎や尿路感染症、市中肺炎などの症例を取り上げます。患者面談やカルテなどからの情報収集、検査結果の見方、ガイドラインの解釈と目の前の患者への当てはめ方、治療内容のモニタリングと評価まで、実臨床で必要な考え方が身につきます。
 

▲ページの先頭へ

目次

Step 1 基礎知識のおさらい
 感染症とは
 病原微生物を知る
 微生物の構造と分類
 各微生物の概略① グラム陽性菌
 各微生物の概略② グラム陰性菌
 各微生物の概略③ 嫌気性菌・その他の細菌
 検査を知る
 感染症領域で覚えておきたい略語

Step 2 病態を学び,治療に結びつける
 感染症治療① 非薬物療法
 感染症治療② 薬物療法
 薬剤耐性
 抗菌薬とPK/PD 理論
 抗菌薬各論① βラクタム系
 抗菌薬各論② グリコペプチド系
 抗菌薬各論③ 環状ポリペプチド系
 抗菌薬各論④ アミノグリコシド系
 抗菌薬各論⑤ マクロライド系
 抗菌薬各論⑥ テトラサイクリン系
 抗菌薬各論⑦ オキサゾリジノン系
 抗菌薬各論⑧ キノロン系
 抗菌薬各論⑨ その他の抗菌薬

Step 3 知識を臨床に活かす<導入編>
 カルテから読み取る患者情報
 尿路感染症の分類とガイドラインに基づく薬物治療
 感染症への薬学的介入

Step 4 に進む前に…
 標準予防策の実施

Step 4 知識を臨床に活かす<総合問題編>

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 4ステップ 臨床力UPエクササイズ ①循環器領域
  • 4ステップ 臨床力UPエクササイズ ②内分泌・代謝領域
  • 4ステップ 臨床力UPエクササイズ ③産科・婦人科領域
  • 4ステップ 臨床力UPエクササイズ ④TDM領域
  • 検査値×処方箋の読み方
  • 基本的臨床医学知識
  • 同効薬比較ガイド1
  • 総合診療医が教える よくある気になるその症状
  • 在宅医療チームのための臨床検査
  • 薬剤師の臨床判断
  • 同効薬比較ガイド2
  • プライマリ・ケアに活かす薬局トリアージ

▲ページの先頭へ