基本的臨床医学知識

医師ともっと話せるようになるための

基本的臨床医学知識

商品コード 49664
編著 大八木 秀和/監
杉田 直哉、山田 雅也/編
判型 B5判
発行日 2017年4月
ページ 388頁
定価(税込) ¥3,888
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 関連商品

内容

●できる薬剤師は知っている 医師との共通言語
●基本的臨床医学知識を習得することで医師との会話が飛躍的にアップ!

従来、薬剤師は薬物療法について医師とは異なる立場で共有しており、また近年では感染症やがんの領域に代表されるように薬剤師の専門性が高まりつつあります。

しかしながら、薬剤師がその専門知識を十分に活かして医師とディスカッションするためには、医師との共通言語となる基本的な臨床医学知識が必要になります。この基本的な臨床医学知識の土台の上にさまざまな専門知識がなければ、せっかくの薬剤師特有の知識も十分に医師に伝わずとても残念な結果になってしまう可能性があります。

本書では、薬剤師に必要な基本的臨床医学知識を解説するとともに、十分な教育環境の整っていない医療機関でもどのようにすればさらなる知識の習得を進めていけるかといったヒントも記載しています。

 

▲ページの先頭へ

目次

基本的臨床医学知識をマスターすれば医師と同じ土俵で話ができる

軸足は薬学に置いて学ぶ基本的臨床医学知識

カラーアトラス

プロローグ できる薬剤師になる12のヒント

序章 基本の“キ”バイタルサイン

第1章 医師と話すための病態生理のキホン
 1.循環器のしくみを理解する―大動脈弁狭窄症の病態から
2.腹腔内のしくみを理解する―胆嚢炎の病態から
3.呼吸器のしくみを理解する―COPDを合併した肺炎の病態から
4.内分泌のしくみを理解する―甲状腺機能亢進症の病態から
5.膠原病を理解する―不明熱の病態から
6.腎臓のしくみを理解する―結石による腎盂腎炎の病態から
7.脳のしくみを理解する―統合失調症の病態から
8.脳神経のしくみを理解する―患者の自覚症状から
9.血液のしくみを理解する―播種性血管内凝固症候群の病態から
10.妊娠のしくみを理解する―周産期の患者から
11.小児の解剖生理を理解する―心室中隔欠損の病態から
12.救急・集中治療を理解する―敗血症の病態から
13.栄養療法の流れを理解する―嚥下障害の病態から

第2章 専門医が教える知っておきたい疾患と治療のキホン
 1.心房細動―心電図の見かたとくすりの使い方
2.動脈管開存症―NSAIDs投与で知っておくべき解剖生理
3.胃がん―胃の手術法と胃切除後障害へのくすりの使い方
4.直腸がん―消化管手術とストーマ(人工肛門)合併症へのくすりの使い方
5.肝臓がん―肝臓の基本的知識と治療法
6.肺がん―手術と周術期のくすりの使い方
7.肺がん―合併症とくすりの使い方
8.C型慢性肝炎―検査値の読み方とくすりの使い方
9.バセドウ病―甲状腺中毒症の分類とくすりの使い方
10.関節リウマチ―活動性の評価とくすりの使い方
11.慢性腎臓病(CKD)―腎機能の評価とくすりの使い方
12.末期腎不全―透析開始のタイミングとくすりの使い方
13.過活動膀胱―膀胱の生理機能とくすりの使い方
14.前立腺肥大症―くすりの使い方と抗コリン薬の注意点
15.せん妄―見分け方と対処方法
16.脳梗塞―脳動脈の解剖と血栓溶解薬の使い方
17.くも膜下出血―外科的治療とくすりの使い方
18.神経障害性疼痛―神経の痛みへのくすりの使い方
19.痙縮―生活機能障害と治療のポイント
20.鉄欠乏性貧血―貧血の知識と鉄剤の使い方
21.子宮内膜症―妊娠希望の有無とくすりの使い方
22.多嚢胞性卵巣症候群―妊娠希望の有無とくすりの使い方
23.溶連菌感染症―くすりの使い方と服薬指導のポイント
24.マイコプラズマ肺炎―診断のポイントとくすりの使い方
25.外傷初期診療―出血性ショック観察のポイントと見逃してはいけない薬剤有害事象
26.摂食・嚥下障害―メカニズムと服薬の注意点
 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 在宅医療チームのための臨床検査
  • 検査値×処方箋の読み方
  • 4ステップ 臨床力UPエクササイズ ⑤感染症領域
  • 調剤と情報[年間購読]<送料当社負担>
  • 臨床検査値ハンドブック 第3版
  • くすりでひける臨床検査
  • 総合診療医が教える よくある気になるその症状
  • Dr.林&Ph.堀の危ない症候を見分ける臨床判断
  • 薬剤師の臨床判断
  • 薬剤師のための臨床推論
  • 薬剤師による 症候からの薬学判断
  • プライマリ・ケアに活かす薬局トリアージ

▲ページの先頭へ