GMP変更管理・技術移転

立ち読み

GMP変更管理・技術移転

リスクベース評価と申請の考え方

商品コード 50868
編著 古澤 久仁彦/著
判型 B5判
発行日 2018年5月
ページ 192頁
定価(税込) ¥7,560
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 関連商品

内容

●製法変更、委託先の変更、溶媒の変更、、、これらがもたらす”リスク”とは?

●必ず起こるといっても過言ではない“変更”、個別性の高いテーマだからこそ”事例”を多く集めています!

 

製造方法、製造場所、規格、原料等、承認取得後の変更は高い頻度で発生する事象です。昨今、話題になった品質問題では、「適切に変更管理ができていない」、「申請や届出を行うべき変更が放置されている」といったことに起因するものも多く、今一度“適切な変更管理”の実施方法を見つめ直す時期にあると言えます。

本書は、ICH Qシリーズのガイドラインが示す“リスクベース”の考え方を導入した変更管理手法を解説し、変更頻度が高い事項の例を示す実践書です。製造の委受託が活発化する現況も考慮し、変更管理の一環として技術移転の手法も盛り込んで、網羅的かつ深い知識を提供します。

▲ページの先頭へ


関連商品

  • FDAのGMP査察から学ぶ
  • QCラボ/微生物ラボ管理基準
  • 無菌製造法に関する製造指針と品質管理 第2版
  • 微生物迅速試験法
  • バイオ医薬品の品質管理戦略
  • 新GMP微生物試験法 第3版
  • 細胞培養実習テキスト
  • 第十七改正日本薬局方 第一追補
  • 第十七改正 日本薬局方 技術情報 JPTI2016
  • 第十七改正 日本薬局方
  • 無菌医薬品GMP
  • 非無菌医薬品の空調システム

▲ページの先頭へ