COSME TECH JAPAN 2014年2月号(Vol.4 No.2)

立ち読み

COSME TECH JAPAN 2014年2月号(Vol.4 No.2)

商品コード 91232
編著
判型 A4変形判
発行日 2014年2月
ページ
定価(税込) ¥1,836
在庫 在庫僅少につきお問い合わせください

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

化粧品の品質管理に焦点をあてた、新たな情報誌!

本誌は、「Quality」「Marketing」「Regulatory」「Technology」「Education」「Report」「World News Topics」のテーマで化粧品業界の最新情報や“知っておかなければ損をする”製造技術、容器包装、品質管理の方法などをわかりやすく解説します。
 

▲ページの先頭へ

目次

Quality・Regulatory
[化粧品GMPで何を実行するのだ?]─GMPの基礎を学ぼう─
第10回 製造-2(間違いと汚染を徹底的に防止しよう)/榊原敏之
[化粧品の品質管理技術]~分析試験から学ぶ高品質化粧品へのアプローチ~
第22回 ISO11930 化粧品の保存効力試験法/鈴木昌二


Technology
[シリーズ 研究者に聞く経皮吸収]
皮膚に発現するトランスポーターとその役割/中道範隆,及川真志,加藤将夫
[化粧品・皮膚外用剤のための製剤学基礎講座](11)
キャラクタリゼーション:製剤の状態分析と安定性予測/野々村美宗
[スキンケアのための皮膚科学講座]
第13回 老化に伴う皮膚色の変化のメカニズム/正木 仁,岡野由利
[技術講座]安全性評価試験(28)
動物実験代替法を巡る動向2013年/小島肇夫
[スキンケア化粧品原料の手帳]第12回 天然高分子保湿剤/早瀬 基
[シリーズ 化粧品の防腐剤](29)紫外線/島田邦男


Marketing・Management
【研究所マネジメント最前線シリーズ30】
新商品・新事業創出に向けた技術探索
~イノベーションの芽をすばやく捉える~/小田原 英輝
【スタッフ革新シリーズ30】
悪循環から自ら脱却し善循環に持ち込む/塚松一也


World News Topics・Information
Information
World News Topics
 

▲ページの先頭へ

次号案内

座談会
■ 化粧品の未来への提言/(出席者)川島 眞氏,岩井恒彦氏,(司会)小島 肇氏


Q u a l i t y ・R e g u l a t o r y
■ 化粧品GMP で何を実行するのだ?─ GMP の基礎を学ぼう─第11回/榊原敏之
■ 化粧品の品質管理技術
   ~分析試験から学ぶ高品質化粧品へのアプローチ第23回/日本食品分析センター


T e c h n o l o g y
■[化粧品・サプリメントの有用性評価と皮膚測定]Part 18/髙橋元次
■ スキンケア化粧品原料の手帳 第13回/早瀬 基
■ 化粧品・皮膚外用剤のための製剤学基礎講座(12)/野々村美宗
■[スキンケアのための皮膚科学講座]第14回/正木 仁,岡野由利
■ 技術講座 安全性評価試験(29)/小島肇夫
■ 化粧品の防腐剤に関する基礎知識(30)/島田邦男


M a r k e t i n g・Ma n a g e m e n t
■【研究所マネジメント最前線シリーズ31】
  イノベーションの創出に必要なことは何か
   ~イノベーションの芽を組織的に育む工夫~/山中淳一
■【スタッフ革新シリーズ31】
  スタッフだからこそプロ意識を公言しよう/塚松一也


Wo r l d N e w s T o p i c s ・I n f o r m a t i o n
■ 海外ニュース
■ 国内ニュース
■ 新製品情報

▲ページの先頭へ


関連商品

  • PHARM  TECH  JAPAN[年間購読]<送料当社負担>
  • 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス[年間購読]<送料当社負担>

▲ページの先頭へ