月刊薬事2014年4月号(Vol.56 No.4)

立ち読み

月刊薬事2014年4月号(Vol.56 No.4)

【特集】徹底理解! 不眠症の薬物療法管理

商品コード 93469
編著
判型 A4変型判
発行日 2014年4月
ページ
定価(税込) ¥2,160
在庫 品切れ

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

 徹底理解! 不眠症の薬物療法管理
厚生労働省の調査によると、日本人の5人に1人は睡眠に何らかの問題を抱えているとのこと。皆さんのなかにも不規則勤務や長時間労働でうまく睡眠がとれない方がいらっしゃるのではないでしょうか。睡眠障害は大きく不眠症、過眠症、害日リズム障害などに分かれますが、臨床で最もよくみられるのが今回取り上げる不眠症です。不眠症治療では薬剤師に多くの期待が寄せられていることをご存知でしたか? 薬剤師が患者さんの訴えを丁寧に聞き取り、その症状にあった薬が処方されるよう医師に提案する――これだけでも治療の質は大きく上がるはずです。本特集では、昨年発表された睡眠薬の適正使用ガイドラインをはじめ、新薬の特徴や不眠症の病態、主な検査、薬剤選択のポイント、さらには薬剤師の取り組みまでを一挙にご紹介しています。

▲ページの先頭へ

目次

徹底理解! 不眠症の薬物療法管理

 
■特集にあたって――不眠症治療の現状と,薬剤師への期待     
粂 和彦
■睡眠薬の適正使用と減薬・休薬の診療ガイドライン   
三島 和夫
■治療薬を使いこなす
 ●非Bz系・Bz系睡眠薬――基本を知る  
中村 真樹,井上 雄一
 ●非Bz系・Bz系睡眠薬――休薬法を学ぶ            
井上 雄一
 ●メラトニン受容体アゴニスト  
内山 真,金野 倫子
 ●オレキシン受容体拮抗薬――新規作用機序の睡眠薬           
粂 和彦
 ●レストレスレッグス症候群治療薬         
小池 茂文
■知っておきたい非薬物療法
 ●医療コミュニケーションの基本と睡眠衛生教育      
白石 直,渡辺 範雄
 ●認知行動療法    
岡島 義
■患者背景・合併症に応じた薬の使い方
 ●睡眠時無呼吸症候群         
篠邉龍二郎,塩見 利明
 ●高齢者・認知症   
大川 匡子
 ●小 児
加藤 久美,毛利 育子,谷池 雅子
 ●女性・更年期障害
香坂 雅子
 ●精神疾患          
吉村 篤,山田 尚登
 ●生活習慣病――高血圧や糖尿病など   
篠邉龍二郎,塩見 利明
 ●アレルギー性鼻炎             
千葉伸太郎
 ●概日リズム睡眠障害          
田ヶ谷浩邦,村山 憲男,袴田 優子
■睡眠障害の評価尺度と検査方法
 ●PSG,睡眠日誌,アクチグラフ             
粂 和彦
 ●ESS,SMH,PSQI 
田ヶ谷浩邦,村山 憲男,袴田 優子
■薬剤師が貢献する不眠症治療
 ●不眠症患者の減薬に向けた介入         
伊藤 光
 ●睡眠衛生指導教育――薬学部PBLから             
粂 和彦
 
 
薬事Up-to-Date
●海外文献紹介      
門脇 大介,平田 純生/木村 利美,木村 友絵
●新連載 適応拡大クローズアップ バルプロ酸ナトリウム         
後藤 伸之
 
 
取 材
●フロントページ 検査値をフル活用し安全な治療を目指す         
福井大学医学部附属病院(福井県吉田郡)
●この人に聞く 求む!治験で活躍する薬剤師        
宮田 俊男氏(特定非営利活動法人日本医療政策機構 エグゼクティブディレクター)
●レポート
‐論文をどう読み,目の前の患者に適用する?           
名郷塾(神奈川県海老名市)
‐災害医療認定薬剤師が誕生へ 
第19回日本集団災害医学会総会・学術集会(東京都)
 
トピックス
●名郷直樹先生のクリニックで受けた1カ月研修体験記            
八田 重雄,福士 元春,名郷 直樹
●ハイリスクな薬剤を安全に導入するためには?――チームスチバーガの経験から      
前 勇太郎,濱 敏弘
 
 
連載
●薬剤師の臨床推論お勉強コラム[4]
不眠の訴えについて考える       
添田 博
●新連載 医師とのmutual respectに必要な 臨床医学知識[1]
①心房細動――心電図の見かたとくすりの使い方      
大八木秀和
②胃の手術と胃切除後障害      
大浦 康宏
●感染症医が教える“新”薬剤師力臨床感染症ケースファイル[18]
「血液培養からこんな菌が生えてきたんだけど…」という相談① バシラスの場合           
岸田 直樹
●時めき臨床研究[13]
‐病院薬剤師からみた臨床研究の魅力      
渡部 一宏,伊與田友和,福間 真悟,福原 俊一
‐おさらい編① 臨床現場の疑問をリサーチ・クエスチョンにする
福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏,関根 祐子
●知っ得! 薬剤師業務に活きるIT・アプリ[4]
医薬品集アプリで添付文書を確認しよう     
若林 進
●RMPで変わる 医薬品安全対策[7]
医療機関からの実践②            
下堂薗権洋
 
その他
●書評 睡眠薬の適正使用・休薬ガイドライン
●書評 わかりやすい臨床検査 第2版
●愛読者アンケート&プレゼント
●次号予告・編集部より
 
※おことわり:「薬物動態の新展開」,「処方せん疑義照会トレーニング」,「適応外使用の処方せんの読み方」,「ニュースレター」はお休みしました。

 

▲ページの先頭へ

次号案内

日本版Antimicrobial Stewardshipを考え,実践する!

【企 画】
二木 芳人(昭和大学医学部内科学講座臨床感染症学部門 教授)
前田 真之(昭和大学薬学部薬物療法学講座感染制御薬学部門 助教)


■そもそもAntimicrobial Stewardshipとは?
■IDSAガイドラインからAntimicrobial Stewardshipを読み解く
■Antimicrobial Stewardshipの実際を探る――新潟大学医歯学総合病院の活動
■Antimicrobial Stewardshipの実際を探る――岐阜大学医学部附属病院の活動
■昭和大学AST(Antimicrobial Stewardship Team)の活動
■昭和大学AST――感染制御専門薬剤師としての視点
■昭和大学AST――認定臨床微生物検査技師としての視点
■薬剤師が取り組む大規模病院でのAntimicrobial Stewardship
■薬剤師が取り組む中小規模病院でのAntimicrobial Stewardship
 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事[年間購読]<送料当社負担>
  • 月刊薬事2017年7月号(Vol.59 No.9)
  • 月刊薬事2017年6月号(Vol.59 No.8)
  • 月刊薬事2017年5月号(Vol.59 No.7)
  • 月刊薬事2017年4月号(Vol.59 No.5)
  • 月刊薬事2017年3月号(Vol.59 No.4)
  • 月刊薬事2017年2月号(Vol.59 No.3)
  • 月刊薬事2017年1月号(Vol.59 No.1)
  • 月刊薬事2016年12月号(Vol.58 No.16)
  • 月刊薬事2016年11月号(Vol.58 No.15)
  • 月刊薬事2016年10月号(Vol.58 No.13)
  • 月刊薬事2016年9月号(Vol.58 No.12)

▲ページの先頭へ