月刊薬事2017年9月号(Vol.59 No.12)

立ち読み

月刊薬事2017年9月号(Vol.59 No.12)

免疫チェックポイント阻害薬――がん薬物療法の新時代

商品コード 93520
編著
判型 A4変型判
発行日 2017年9月
ページ 190
定価(税込) ¥2,160
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●特集 免疫チェックポイント阻害薬――がん薬物療法の新時代

企画:山本信之(和歌山県立医科大学呼吸器内科・腫瘍内科 教授)

 医療界だけでなく社会的にも関心を集めている免疫チェックポイント阻害薬。適応拡大に向けて世界中で治験が行われており、新薬も続々登場する見込みです。従来の抗がん薬とは違った機序をもち、がんの治療戦略を大きく変える薬剤として期待されている一方、これまでの抗がん薬とは異なる副作用(免疫関連有害事象)が起こることも明らかになりつつあります。まだまだ未知のことが多い免疫チェックポイント阻害薬ですが、本特集では第一線の専門家が、最新のエビデンスから副作用の特徴、日常臨床での対策までを徹底解説。がん治療に興味をもつ方必読の内容です!
 

▲ページの先頭へ

目次

月刊薬事9月号(Vol.59 No.12
免疫チェックポイント阻害薬 ――がん薬物療法の新時代
 
■特集にあたって
山本 信之
■各腫瘍における免疫チェックポイント阻害薬の現状
 ●肺がん
杉本 武哉、赤松 弘朗
 ●悪性黒色腫
宇原 久
 ●消化器がん(胃がん、食道がん)
三谷誠一郎、門脇 重憲、室  圭
 ●泌尿器科がん(腎細胞がん、尿路上皮がん)
冨田 善彦
 ●ホジキンリンパ腫
大地 哲朗、福原 規子
 ●免疫チェックポイント阻害薬のバイオマーカーとは
中山 貴之、北野 滋久
 ●知っておきたい最適使用推進ガイドラインの特徴
後藤 悌
■使用経験から学ぶ副作用マネジメント
 ●免疫チェックポイント阻害薬の副作用管理のポイント
江畑 貴大、藤原 豊
 ●免疫チェックポイント阻害薬による肺臓炎/間質性肺炎
加藤 晃史
 ●免疫チェックポイント阻害薬による下痢
宮本 敬大、朴 成和
 ●免疫チェックポイント阻害薬副作用対策チームの実践
塩川 尚恵、津田 享志、中島 貴子
 ●免疫チェックポイント阻害薬の副作用管理:薬剤師の立場から
鈴木 賢一
 
 
取 材
 
●フロントページ
irAEへの対応、見つける「眼」・治療する「手」を増やすことがカギ
新潟県立がんセンター新潟病院(新潟県新潟市)
●この人に聞く
災害時OTCとして56品目を選定
鹿村 恵明(東京理科大学薬学部 薬局管理学 教授)
●レポート
‐うつ病患者のアドヒアランス向上のコツを紹介
第14回日本うつ病学会総会(東京都)
‐「最適のがん医療」をテーマに6,000人超が参加
第15回日本臨床腫瘍学会学術集会(兵庫県神戸市、他)
 
 
薬剤師×医師のケースカンファレンス
 
●副作用推論       東京都病院薬剤師会臨床推論推進特別委員会 公開講座
 
 
トピックス
 
●現場の薬剤師の声を聞き、医薬品の改善点を探る
小嶋 純、米子 真記、山根 暁子
 
 
連載
 
●モダトレ[13]
胸部X線、CTで肺水腫を確認してみる
梶原 洋文、一瀬 正志
●適応外使用の処方せんの読み方[87]
タキサン系抗がん薬による末梢神経障害
藤原 豊博
●総合診療医のアプローチに迫る! 薬の副作用ケースファイル[9]
嘔気・嘔吐――服用開始・増量時期と症状発現との関連を探ろう
本田 優希
●みんなで考える臨床ポリファーマシー[13]
Case 3:PPIを飲めば、PPI(ピンピン生きる)になれる!?
吉田 英人
●3stepで考える! それって本当に副作用ですか?[11]
この下痢は抗がん薬の副作用によるものか
中田 英夫、西野 誠
●審査報告書から見る 新薬の裏側[8]
インチュニブ®錠(グアンファシン塩酸塩)
荒 義昭
●海外文献紹介
平田 純生、成田 勇樹/木村 利美、木村 友絵
 
※連載「病態生理×臨床推論のクリニカルロジック」は休載いたします。
 
 
その他
 
●書評 症例から考える代表的な8疾患 解答・解説付/薬剤師よ、心電図を読もう!
●薬事セレクション
●ニュースレター
●次号予告・編集部より

▲ページの先頭へ

次号案内

2017年10月号(Vol.59 No.13
特集 これからの肺炎診療――新しいガイドラインで何が変わったのか?
 
◆企画:迎 寛(長崎大学病院第二内科 教授)/今村 圭文(長崎大学病院第二内科 講師)
 
■特集にあたって
迎  寛
■成人肺炎診療ガイドラインが統合された背景と主な変更点
今村 圭文
■知っておきたい各肺炎群の病態と特徴
三木  誠
■肺炎診療の流れ
門田 淳一
■老衰や疾患終末期の肺炎への対応
朝野 和典
■押さえておきたい肺炎治療の考え方と注意点
 ●市中肺炎のエンピリック治療
宮下 修行
 ●院内肺炎/医療・介護関連肺炎のエンピリック治療
丸山 貴也
 ●原因菌別の標的治療
比嘉  太
 ●補助治療のエビデンスと実際の使い方
高橋  洋
 ●抗菌薬の用法・用量と注意すべき副作用
北原 隆志
 ●高齢者肺炎における抗菌薬治療の注意点
松元 一明
 ●肺炎の予防方法とそのエビデンス
青木 洋介

 

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事[年間購読]<送料当社負担>
  • 月刊薬事2017年11月号(Vol.59 No.15)
  • 月刊薬事2017年10月号(Vol.59 No.13)
  • 月刊薬事2017年8月号(Vol.59 No.11)
  • 月刊薬事2017年7月号(Vol.59 No.9)
  • 月刊薬事2017年6月号(Vol.59 No.8)
  • 月刊薬事2017年5月号(Vol.59 No.7)
  • 月刊薬事2017年4月号(Vol.59 No.5)
  • 月刊薬事2017年3月号(Vol.59 No.4)
  • 月刊薬事2017年2月号(Vol.59 No.3)
  • 月刊薬事2017年1月号(Vol.59 No.1)
  • 月刊薬事2016年12月号(Vol.58 No.16)

▲ページの先頭へ