月刊薬事2017年10月号(Vol.59 No.13)

立ち読み

月刊薬事2017年10月号(Vol.59 No.13)

これからの肺炎診療――新しいガイドラインで何が変わったのか?

商品コード 93521
編著
判型 A4変型判
発行日 2017年10月
ページ 190
定価(税込) ¥2,160
在庫

facebook twitter

カートに入れる

  • 内容
  • 目次
  • 次号案内
  • 関連商品

内容

●特集 これからの肺炎診療――新しいガイドラインで何が変わったのか?

企画:迎 寛、今村圭文〔長崎大学大学院医歯薬学総合研究科呼吸器内科学分野(第二内科)〕

 肺炎で死亡する患者の97%以上は高齢者で、国内では今後も死亡率の上昇が見込まれています。肺炎の診療ガイドラインはこれまで患者背景別に3つに分かれていましたが、今年新たに改訂・統合されたことを踏まえ、本特集ではガイドラインの改訂ポイントや各病態の正しい理解、エンピリック治療と標的治療の抗菌薬選択、さらに高齢者肺炎の注意点、抗菌薬の副作用、肺炎の予防など、盛りだくさんの情報をお届けします。コモンな疾患である肺炎診療のエビデンスとコツが満載の一冊です!

▲ページの先頭へ

目次

月刊薬事10月号(Vol.59 No.13
これからの肺炎診療――新しいガイドラインで何が変わったのか?
 
■特集にあたって
迎 寛
■成人肺炎診療ガイドラインが統合された背景と主な変更点
今村 圭文、迎 寛
■知っておきたい各肺炎群の病態と特徴――市中肺炎、医療・介護関連肺炎、院内肺炎の3つの肺炎群について
三木 誠
■肺炎診療の流れ
小宮 幸作、門田 淳一
■人生の最終段階における肺炎への対応
朝野 和典
■押さえておきたい肺炎治療の考え方と注意点
 ●市中肺炎のエンピリック治療
宮下 修行
 ●院内肺炎/医療・介護関連肺炎のエンピリック治療
丸山 貴也
 ●原因菌別の標的治療
比嘉 太
 ●補助療法のエビデンスと実際の使い方
高橋 洋
 ●抗菌薬の用法・用量と注意すべき副作用
馬場 安里、北原 隆志
 ●高齢者肺炎における抗菌薬治療の注意点
松元 一明
 ●肺炎の予防法とそのエビデンス
青木 洋介
 
 
取 材
 
●フロントページ
Hybrid Emergency Roomで外傷初期診療をサポート
大阪府立病院機構 大阪急性期・総合医療センター(大阪府大阪市)
●この人に聞く
がん患者の妊孕性温存GL――治療のリスクや温存療法に関する初の指針
米村 雅人(国立がん研究センター東病院臨床研究支援部門研究企画推進部安全管理室 室長
/治験事務局/薬剤部)
●レポート
疑義照会の未然防止に薬局プレアボイドを活用
日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会(群馬県前橋市)
 
 
トピックス
 
●いまさら聞けない地域包括ケアシステム
山田 雅也
 
 
連載
 
●モダトレ[14]
胸部X線とCTで肺炎を確認してみる その① 肺胞性肺炎
梶原 洋文、藤井 宏透
●適応外使用の処方せんの読み方[88]
せん妄
藤原 豊博
●審査報告書から見る 新薬の裏側[9]
アメナリーフ®錠(アメナメビル)
若林 進
●新連載 購買適正化で病院経営強化 目からウロコの薬価交渉術[1]
薬価交渉のための基礎知識
中野 一夫
●新連載 専門医が語る 精神疾患のとらえ方・治療の考え方[1]
うつ病――頭痛を訴えて受診した30歳前後の男性
西村 浩
●3stepで考える! それって本当に副作用ですか?[12]
この舌の動かしづらさはコリン作動薬が原因か
東 加奈子、岸田 直樹
●みんなで考える臨床ポリファーマシー[14]
Case 4:玄関開けたら、そこは別世界!――家宝は眠りのお薬ですか!?
吉田 英人
●総合診療医のアプローチに迫る! 薬の副作用ケースファイル[10]
意識障害――アプローチ方法を確立し、薬剤の可能性を常に考えよ!
坂本 壮、原田 拓
●病態生理×臨床推論のクリニカルロジック[16]
絶対に帰してはいけないめまい(めまいシリーズ完結編)
高橋 良
●海外文献紹介
平田 純生、成田 勇樹/木村 利美、木村 友絵
 
 
その他
 
●ニュースレター
●薬事セレクション
●お詫びと訂正
●次号予告・編集部より
●付録 2017年10月号特別付録

 

▲ページの先頭へ

次号案内

2017年11月号(Vol.59 No.15
特集 これだけは押さえておきたい 泌尿器科の薬Up-to-Date
 
◆企画:大家 基嗣(慶應義塾大学医学部泌尿器科学教室 教授)
 
■特集にあたって
大家 基嗣
■前立腺がん・腎がん      
 ●去勢抵抗性前立腺がんに対する薬物治療戦略は?
井川  掌
 ●アビラテロンとエンザルタミドの使い方は?      
鈴木 啓悦
 ●Ra-223の使い方と安全性は?
上村 博司
 ●転移性腎細胞がんに対する薬物治療戦略は?
野澤 昌弘
 ●転移性腎細胞がんに対するmTOR阻害薬の適応と有効性は?
本郷 文弥
 ●泌尿器科がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の有効性は?
湯浅  健
■尿路感染症
 ●尿路感染症で注意すべき耐性菌は?
安田  満
 ●泌尿器科領域の周術期感染予防のポイントは?
山本 新吾
■前立腺肥大症・過活動膀胱          
 ●下部尿路症状(LUTS)の病態の理解と治療方針は?
三井 貴彦
 ●前立腺肥大症に対する治療薬の使い分けは?
山西 友典
 ●過活動膀胱に対する治療薬の使い分けは?
橘田 岳也

▲ページの先頭へ


関連商品

  • 月刊薬事[年間購読]<送料当社負担>
  • 月刊薬事2017年12月号(Vol.59 No.16)
  • 月刊薬事2017年11月号(Vol.59 No.15)
  • 月刊薬事2017年9月号(Vol.59 No.12)
  • 月刊薬事2017年8月号(Vol.59 No.11)
  • 月刊薬事2017年7月号(Vol.59 No.9)
  • 月刊薬事2017年6月号(Vol.59 No.8)
  • 月刊薬事2017年5月号(Vol.59 No.7)
  • 月刊薬事2017年4月号(Vol.59 No.5)
  • 月刊薬事2017年3月号(Vol.59 No.4)
  • 月刊薬事2017年2月号(Vol.59 No.3)
  • 月刊薬事2017年1月号(Vol.59 No.1)

▲ページの先頭へ